>  >  > 市川哲史『YOSHIKI復活の夜』評

X JAPAN、コーチェラ出演直前ライブに見た“20世紀Xの片鱗” 市川哲史『YOSHIKI復活の夜』評

関連タグ
X JAPAN
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『「WE ARE X」オリジナル・サウンドトラック』

 観ました、話題の4・11『復活10周年記念X JAPAN LIVE 2018 アメリカフェス出演直前 PREMIUM GIGS~YOSHIKI復活の夜~』@Zeppダイバーシティ東京。

 さすがに1Fスタンディングに3万円、ましてや2F席に5万円も払う気にはならないので、WOWOW観戦である。有料視聴したんだから、好きに書かせてくれよ。

 今回の【大】テーマはライブタイトル通り、「YOSHIKIがドラムを叩きます!」だ。昨年7月にはドラム抜きで『X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X Acoustic Special Miracle~奇跡の夜~』なる〈瓢箪から駒〉エンタまで案み出したあげくの、例の頸椎人工椎間板置換緊急手術以来11カ月ぶりの自爆ハイスパートドラム解禁、である。

 本当は暮れの『紅白』で華々しく復活済のドラムYOSHIKIだったが、リアルに3人倒れた欅坂46の前では無力だったため、この際なかったことにしたのか、〈今度こそ〉の雪辱戦がこのZepp公演2daysといえる。

 そういえば「日本人アーティスト初の英ウェンブリー・アリーナ公演」の座も、PATAの門脈血栓症で1年延期したためにBABYMATALに奪われたし、定番化しつつある女子アイドルに煮え湯を吞まされる図もなかなか微笑ましい。

 にしても、YOSHIKI命名のライブタイトルは昔から売り文句そのまんますぎて、清々しさすら憶える。

 『X PRODUCE~何が起こるか分からない。Xがパワステを借り切った!』に『X with Orchestra』に『新型エックス第一弾 日本直撃カウントダウン X JAPAN RETURNS』に『X JAPAN攻撃再開2008 I.V.~破滅に向かって~破壊の夜』に、単に3日連続で演るから『同・無謀な夜』とか、単に17年ぶりのライブハウスだから『X JAPAN COUNTDOWN GIG~初心に帰って~』とか、単に何度も延期したので『X JAPAN WORLD TOUR in TAIPEI~本当にやる夜~』とか『X JAPAN WORLD TOUR in YOKOHAMA 超強行突破 七転八起~世界に向かって~』とか――。

 もはや新聞のラテ欄、もしくはハッシュタグだなこりゃ。

 とはいえテーマが一つだけでは、いささか心許ない。

 Zepp翌日に渡米して、大型野外フェス『2018 Coachella Valley Music and Arts Festival』に出演するという話も立派なトピックではある。だが、晋三ちゃん肝入り(失笑)の官製〈クール・ジャパン〉がいつの間にかインバウンド頼りになるようなこの国で、いまさら海外有名フェス参戦にユーザーがざわつくとは思えないじゃないか。

 と勝手におせっかいしてたらフェス1週間前になって、「SUGIZOのビザの処理が遅れ最悪初日のステージに立てないかも」事件がアナウンスされた。さすがYOSHIKI、天の配剤には相変わらず事欠かない男である。

 すると再結成以後のXファンは優しいうえに熱心だから、「ヨルダンのシリア難民キャンプを訪ねたり『世界難民の日』にも参加したSUGIZOの経歴が、きっとトランプの難民排斥政策にひっかかって就労ビザ発行を妨害してるんだぁ!」などと、ネット上では〈詮索〉という名の妄想に華が咲くのだ。盛大に。

 こうして今年もまた、X JAPANはドラマツルギーを味方に稼働するのかぁ。

 さてライブの具体的な内容は、あちこちの音楽サイトを参照してもらえば済む話として――いちばんの見どころは当然YOSHIKIの太鼓叩き初(ぞ)めだから、「紅」「Rusty Nail」「X」など昔ながらのXクラシックスなのは言うまでもない。しかも各種ドラムのリムにはLEDが施されていて、まるでクリスマスの軒先のようにカラフルに光る中、上半身裸で叩きまくる。〈いつも主役のYOSHIKI〉が、今回は〈いつもより余計に主役のYOSHIKI〉仕様なのだから、そりゃおめでたい。

 しかも、Guns N’ Rosesのリチャード・フォータスにLimp Bizkitのウェス・ボーランドが、続々登場して弾きまくる。二人は1週間後のコーチェラ・フェスでも客演するようだから、この夜はフェスのゲネプロ代わりだったかもしれない。

 それでもこの夜は、〈SUGIZOもしもの代役〉を密かに拝命してたMUCCのミヤも呼び込まれるなど、賑やかな忙しなさが微笑ましくもある。「この景色はデジャブっぽいな」と悩んでたら、それこそ10年前の復活第1弾東京ドーム3daysが蘇ってきた。

 そりゃそうだ。あのときのX JAPANは〈ホログラムhide〉が正式メンバーで、ゲストギタリストがSUGIZO(LUNA SEA)とフォータスとボーランドだったのだから。

 あれ、今回のラインナップと一緒じゃん。

 印象深かったのは、いままで見たことのない喜色満面のミヤの姿か。2016年あの『VISUAL JAPAN SUMMIT』で初登場以来、ときどき出没する初期Xの優秀なコピーバンドX-SUGINAMIの首謀者が〈本物〉に参加できたのだから、これ以上の幸せはあるまい。観ていたこっちが涙ぐんでしまった(←嘘)。

 なおこの夜のYOSHIKIのMCによると、その〈ホログラムhide〉も新登場の〈ホログラフTAIJI〉と共に遠征して、コーチェラに出演するらしい。

 ああ、問答無用の「十年ひと昔」ライブを堪能してしまった。

      

「X JAPAN、コーチェラ出演直前ライブに見た“20世紀Xの片鱗” 市川哲史『YOSHIKI復活の夜』評」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版