>  >  > GReeeeNら“歌いたくなる”新作

森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.93

GReeeeN、松任谷由実、ATSUSHI、コブクロ、ももクロ……“歌いたくなる”新作&ベスト盤

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 入学、入社、転勤など、街のあちらこちらで新しい出会いが繰り広げられる春は、歓迎会シーズンでもあります。ということで、カラオケで歌いたくなる新作&ベストを紹介。聴いて楽しい、歌って気持ちいい音楽とともに新たなスタートを飾りましょう!

GReeeeN『うれD』(通常盤)

 「ソビト」(映画『キセキ ーあの日のソビトー』主題歌)、「恋」(映画『ママレード・ボーイ』主題歌)などの大型タイアップ楽曲によって10代〜20代のリスナーの認知度を上げているGReeeeNの8thアルバム『うれD』。勢いのあるロックチューン「超・風」、カラフルなエレクトロナンバー「11」、壮大なサウンドとシンガロング必至のメロディを軸にした「U R not alone」(NEWS提供曲のセルフカバー)などを収録した本作は“ジャンルを超えたトラック×徹底的にポジティブな歌”というこのグループの特徴を改めて打ち出した充実作。デビュー10周年イヤーを超えて次の一歩を踏み出したGReeeeNは本作によって、新しいリスナーを獲得することになりそうだ。

GReeeeN アルバム『うれD』 ティザー映像(2018.4.11発売!)
松任谷由実『ユーミンからの、恋のうた。』

 松任谷由実のデビュー45周年を記念した3枚組ベスト『ユーミンからの、恋のうた。』。CDセールス100万枚を突破したデビュー40周年記念ベスト『日本の恋と、ユーミンと。』に続くベストアルバム2部作の完結編として発売される本作は、<DISC1 Pure Eyes 純粋さを、捨てない。><DISC2 Urban Cowgirl “私”で、生きてゆく。><DISC3 Mystic Journey 旅を、やめない。>の3枚組。ユーミン自身の選曲によって、それぞれのテーマに沿った楽曲が収録されている。「瞳を閉じて」「きっと言える」(DISC1)、「ふってあげる」「雨のステイション」(DISC2)、「砂の惑星」「輪舞曲」(DISC3)など深いメッセージ、高い精神性をポップに描き出した名曲は、年齢・性別を問わず、あらゆる層のリスナーにアピールするはず。まさに日本のエバーグリーンミュージックだ。

“resizems”>松任谷由実 – 45周年記念ベストアルバム「ユーミンからの、恋のうた。」 DISC1 Pure Eyes ダイジェスト
EXILE ATSUSHI『Just The Way You Are』

 2月28日、3月1日に京セラドーム大阪で単独公演を開催。海外留学を経て、音楽シーンへのカムバックを果たしたEXILE ATSUSHIの約1年9カ月ぶりのニューシングル『Just The Way You Are』表題曲は、ブルーノ・マーズ「Just The Way You Are」の日本語カバー。生楽器の響きを活かしたオーガニックなグルーヴ、解放感に溢れたメロディライン、“ありのままの君でいい”というメッセージを含んだリリックがひとつになったこの曲は、現在の彼の音楽的なモードに直結しているようだ。カップリングには以前から交流があるBoyz II Menのリーダー、ネイザン・モリスとの共作によるバラードナンバー「More…」のほか、留学時期に制作した英語詞の楽曲3曲を収録。4曲をつなげて一つのラブストーリーを構成するMVも話題を集めている。

EXILE ATSUSHI / Just The Way You Are (Music Video)

      

「GReeeeN、松任谷由実、ATSUSHI、コブクロ、ももクロ……“歌いたくなる”新作&ベスト盤」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版