>  >  > モーニング娘。『二十歳のモーニング娘。』を分析

モーニング娘。は現在進行形の物語だーー愛と敬意が詰まった『二十歳のモーニング娘。』を分析

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年、結成から20周年を迎えたモーニング娘。。2月7日、同グループのメジャーデビュー20周年を記念するミニアルバム『二十歳のモーニング娘。』が発売された。モーニング娘。は2014年以降、名前に西暦の下二桁を加えた名称で毎年活動してきた(現在の正式名称はモーニング娘。’18)が、このアルバムはモーニング娘。20thという特別名義でのリリース。現在のモーニング娘。’18メンバー13名に加え、初期メンバーと歴代のリーダーを務めた卒業メンバーが共演を果たした一枚だ。

モーニング娘。20th『二十歳のモーニング娘。』(通常盤)

 本作は、発売初週に4.8万枚を売り上げ、2月19日付のオリコンチャートで週間ランキング1位を記録。モーニング娘。のアルバムがオリコンの週間ランキングで1位を獲得したのは、2003年発売の5作目『No.5』以来、実に14年11カ月振りとなった。

 1997年、『ASAYAN』(テレビ東京系)内で放映された「シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション」の最終選考落選者5人で結成。彼女たちは「モーニング娘。」と名付けられ、同年11月にインディーズシングル『愛の種』を発売。全国5都市で同シングルの手売り販売を行うキャンペーンで目標売上5万枚を達成したことから、翌98年1月28日にシングル『モーニングコーヒー』でメジャーデビューを果たした。

 その後、3rdシングル『抱いてHOLD ON ME!』がオリコンチャート週間ランキングでグループ初の1位を獲得。1999年から人気はさらに拡大し、累計164万枚の売り上げを記録した7thシングル『LOVEマシーン』の大ヒットによって、モーニング娘。はグループ本体のみならず、派生ユニットでも数々のヒット曲を生み出す国民的アイドルグループとなっていった。

 結成から現在まで、モーニング娘。に参加したメンバーは総勢41人。モーニング娘。単体だけで数えても、これまでにリリースした作品はシングル65枚、オリジナルアルバム15枚に上る。

 卒業と加入を繰り返して、新しいメンバーが名前と楽曲を受け継いでいくというスタイルは、今でこそ多くのアイドルグループでごく一般的なものになっているが、当時のグループの在り方としては画期的だった。その結果、人気の浮き沈みや音楽性の変遷こそあったものの、モーニング娘。は20年もの間、熱狂的なファンに愛され続けてきたのだ。

 このたびリリースされた『二十歳のモーニング娘。』は、初期の5人から現在の13人に至るまで、少女たちが繋いできた20年の歴史を祝うに相応しい全8曲を収録。先行して配信された「五線譜のたすき」をはじめ、初期と現在のメンバーが共演する初期楽曲のカバーから、モーニング娘。’18の最新楽曲、モーニング娘。ファンとしてもよく知られる有名アーティストによる提供曲まで、娘。への愛と敬意が詰まったミニアルバムとなっている。

      

「モーニング娘。は現在進行形の物語だーー愛と敬意が詰まった『二十歳のモーニング娘。』を分析」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版