>  >  > リトグリ、横アリ公演レポート

Little Glee Monsterが横アリ公演で見せた、ポジティブな空気に満ちたステージ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Little Glee Monsterが初のアリーナツアー『Little Glee Monster Arena Tour 2018 -juice !!!!!-』を2月3日、横浜アリーナからスタートさせた。このツアーは今年1月にリリースされた3rdアルバム『juice』を携え、2月3日、4日に横浜アリーナ、3月24日、25日に大阪城ホールの計4公演を実施。昨年末は激動の2017年を『第68回NHK紅白歌合戦』初出場という最高の形で締めくくった彼女たちだが、2018年に入ってからも早々にコカ・コーラ年間イメージソングに新曲「世界はあなたに笑いかけている」を提供、アルバム『juice』収録曲「Gift」が高島屋のバレンタインの祭典『Amour du Chocolat!』のキャンペーンソングに採用、さらには3月3日公開の映画『プリンシパル 〜恋する私はヒロインですか?〜』のエンディングテーマに新曲「ギュッと」が決定、その「ギュッと」を含む通算11枚目のニューシングルが3月14日にリリースされるなど、彼女たちの快進撃はまだまだ続いている。

 そんな、勢いが増すばかりのリトグリが今年最初に行うツアーの初日、2月3日公演を観覧した。3月下旬に大阪公演が残っていることもあるので、セットリストや演出の詳細について明記するのは控えるが、とにかく今の彼女たちの勢いと自信がみなぎる、ポジティブな空気に満ちたステージを堪能することができた。

 ステージセットは昨年1月の初武道館公演『Little Glee Monster LIVE in 武道館〜はじまりのうた〜』以上に大掛かりなものとなっており、会場に入った瞬間のそのスケールの大きさに驚かされたガオラー(=リトグリファンの総称)も多かったのではないだろうか。この記事とともに公開されたライブ写真からも、その雰囲気はご理解いただけることだろう。

 セットリストはツアータイトルにも用いられた最新作『juice』からの楽曲が軸になっており、同作同様に少し大人になったリトグリの歌やパフォーマンスが余すところなく表現されている。本人たちもMCで発言していたが、この春にはメンバーのアサヒとMAYUが高校を卒業し、6月には芹奈とかれんが20歳の誕生日を迎える。最年少メンバーのmanakaも春からは高校3年生になり、いつまでも“歌うまキッズ”のイメージで語るのもおかしな話だろう。だからこそ、このアリーナツアーでは昨年1年間を通じてより強靭なものとなった5人の絆とハーモニー、さらに幅が広がった個々の表現力がライブを通じて至るところから感じることができた。特にそれは、ライブ前半に用意された“初の試み”にて確認することができ(どんな試みだったかのネタバレは控えたいが)、ここでのトライや表現方法は間違いなく今後の彼女たちにとって大きな武器になるはずだ。

      

「Little Glee Monsterが横アリ公演で見せた、ポジティブな空気に満ちたステージ」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版