>  >  > 嵐『先僕』主題歌のポイントは?

嵐、「Doors ~勇気の軌跡~」楽曲の特徴は? ドラマ『先僕』とのリンクから注目ポイントを探る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 嵐が11月8日、53枚目のシングル『Doors ~勇気の軌跡~』をリリースした。発売初日に約32.06万枚を売上げ、オリコンデイリーシングルチャートで1位を獲得。前作『つなぐ』を約9.6万枚も上回る好スタートをきった。そして、今夜『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演し、生放送でのパフォーマンスが披露される。そこで「Doors ~勇気の軌跡~」の魅力と今夜の見どころについて、芸能ライターの佐藤結衣氏に聞いた。

「同曲は、櫻井翔さんの主演ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の主題歌。櫻井さん演じる商社営業マンの鳴海が、グループ傘下の私立高校に校長として出向し、慣れない教育現場で奮闘するという物語です。教師たちとの間に大きな溝ができてしまったり、 生徒たちに翻弄されたりと、なかなか一筋縄ではいかないことばかり。“社会に出て勉強なんて役に立つの?”なんて、ドキッとする質問も飛び交います。自分ならどう答えるか……と、鳴海と一緒に考えさせられることも少なくありません。そんなドラマにおいて、この曲は鳴海がストレスを抱えて逃げ込んだ保健室で飲むジンジャーカモミールティーのように、 聞く人の心にじんわりと染みる温かいミディアムバラード。私も、あのイントロが流れるとスーッと癒されます(笑)」

 多くのドラマがオープニングとエンディングで異なる楽曲を流しているが、本作では双方で「Doors ~勇気の軌跡~」が起用されているのも特徴的だと佐藤氏は続ける。

「ドラマでは毎回、鳴海の前に一つずつ壁が立ちはだかります。オープニングとして流れてきたときには、理想は遠いように見えるけれど、もう少し頑張ればきっと……と、勇気づけてくれる。一方エンディングでは、少しずつ味方が増えていく鳴海と重ねて、どんなに苦しく感じてもひとりじゃない……と、希望を持つことができる。個人として奮起する場面と、 周囲とつながる喜びを実感する瞬間。ドラマの展開とリンクして、小さな一歩を様々な角度から応援してくれている曲です」

      

「嵐、「Doors ~勇気の軌跡~」楽曲の特徴は? ドラマ『先僕』とのリンクから注目ポイントを探る」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版