>  >  > 木村拓哉が伝える“ニセ情報”とは?

佐藤結衣の『ラジオdeジャニログ』

木村拓哉がラジオで伝える“ニセ木村拓哉情報”とは? 意外なホンモノ認定も

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「さあ、今日はいきなりニセ木村拓哉情報からお届けします」8月25日放送の『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM)では、すっかりおなじみになった木村のなりすましメール報告から番組がスタートした。

 7月21日放送回で「拓哉キャプテンと名乗った人からメールがきたんですけど、絶対違いますよね?」という投稿をきっかけに、木村が「もし、このワッツを聞いてるリスナーのなかで、うちにもきてるんだよねという方は報告お願いします」と募ったのだ。

 すると、続々と報告メールが届き、木村もその多さに驚愕。 8月4日放送回では“ニセ木村拓哉を捕獲せよ!スペシャル” まで行なわれた。あの手この手を使って、リスナーたちを誘惑していくニセ木村拓哉。あるときは「誕生日おめでとう。お祝いしよう」というメッセージだったり、大物芸能人に送ったメールが誤送信されたという設定だったり…… 。

 なかでも木村が思わず失笑したのが、「収録のときセリフ覚えてなくて焦った~。キミならそんなときどうする? 教えてほしいから、アドレス教えて」というもの。「これは…… もう、ちょっとねぇ、送ってる本人と目と目をちゃんとこう見て話をしたい。装うのはいいんだけど、収録のときセリフ覚えてなくて焦ったとか、疲れるな(笑)」と、ニセ木村拓哉であっても、そんな仕事ぶりは許さないといったプロ根性がチラ見え。

 また、“takuya1113(木村の誕生日は11月13日)”から始まるメールアドレスで送られてきたことを聞くと「俺によこせ!」と笑いを誘う場面も。しかし、中学生に「飲みに行こうよ」という内容には「バカ。困りますね、こういうのは」と真面目に注意喚起した。

 たくさんのニセモノ情報が届いているなかで、8月25日放送回では有名人も木村拓哉を名乗っていることが判明する。とある旅番組で「木村拓哉です」と自己紹介するも「頭が違うな」とツッコまれていたというその人物は、なんとベテラン俳優の笹野高史。木村と笹野は映画『武士の一分』で共演して以来、すっかり意気投合。「私の孫にならないかね」 と笹野が誘うほど、いい関係が続いているようだ。「笹野さんが“木村拓哉です”っていうのはOK!」と正式に認定された。

 また、SNSで“原宿でキムタク見た” という情報があがっていたことに対しても、「原宿っていうか表参道だと思うんですけど……」と、その目撃談はニセではないことを認めた。車に乗りこむと7〜8人の修学旅行生たちが近づいてきて手を振ったので、“ウィッス”みたいな感じで応えたという。「多分、俺ですね(笑) 。今日ニセじゃないね」とホッとしたような、肩透かしを食らったような木村だが、ラストには新手のニセモノが!

      

「木村拓哉がラジオで伝える“ニセ木村拓哉情報”とは? 意外なホンモノ認定も」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版