>  > 新妻聖子×さかいゆうのポップスへの挑戦

新妻聖子『アライブ/天地(あめつち)の声』発売記念対談

新妻聖子×さかいゆうが語る、“ポップス”への挑戦とキャリアの重ね方「メラメラ闘志を燃やしてる」

関連タグ
さかいゆう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新妻聖子がニューシングル『アライブ/天地(あめつち)の声』をリリースする。

 「アライブ」はシンガーソングライターさかいゆうの全面プロデュースによる楽曲。“alive(生きている現状)”と“arrive(到着点、目指す先)”のふたつの意味を込めたという同曲は「“今”という瞬間を幸せに生きてほしい」という想いが伝わるメッセージソング。ソウルミュージックのテイストを感じさせる洗練されたサウンド、ポップな手触りのメロディを含め、ミュージカルを中心に活動してきた新妻のイメージを大きく広げる楽曲と言えるだろう。

 今回、リアルサウンドでは、新妻聖子とさかいゆうの対談インタビューを企画。「アライブ」の制作をフックにしながら、両者の出会い、歌に対するスタンス、今後のビジョンなどについて訊いた。(森朋之)

「『ピーンと突き抜ける声だね』と声をかけてもらった」(新妻聖子)

ーー新妻さん、さかいさんの出会いから教えてもらえますか?

新妻聖子(以下、新妻):最初は私が一方的に知ってたんです。ある日、深夜のテレビを見ていたら、さかいゆうさんが弾き語りで「君と僕の挽歌」を歌っていて、「すごい!」と感動しました。「この歌を生で聴ける機会はないかな?」と思って検索したら、ちょうどいいタイミングでライブがあったから、すぐにチケットを買ったんですよね。生の歌もやっぱりすごくて、ことあるごとに「さかいゆうって知ってる? すごくいいよ」って宣伝してたんですよね、勝手に(笑)。

さかいゆう(以下、さかい):ありがとうございます(笑)。

新妻:「いつかご一緒できたらいいな」と思っていたら、去年の夏に音楽番組(『2016 FNSうたの夏まつり~海の日スペシャル~』/フジテレビ系)で共演させていただく機会がありました。

さかい:山下達郎さんの「RIDE ON TIME」を、水樹奈々さんも一緒に3人で歌いました。

新妻:私は嬉しくてひとりで小躍りしてたんですけど(笑)、そのときにさかいさんが「おもしろい声だよね」って話しかけてくれて。

さかい:おもしろい声って(笑)。そんなにザックリしてた?

新妻:「ピーンと突き抜ける声だね」って言ってましたね。高い成分が多いんだけど、スッと耳に刺さってくるねって。

さかい:セリーヌ・ディオン系というか、スケールが大きな歌い方だなと思ったんですよね。ミュージカル歌手として活動しているのは、特技を最大限に活かしていると思いました。

新妻:ありがとうございます。セリーヌ・ディオンさんは私にとって、ワン&オンリーのアイドルなんですよ。『タイタニック』の主題歌を聴いて「私もこういう人になる!」と決めたので。

さかい:そうなんだ(笑)。セリーヌの歌って“声帯学”みたいなものを感じるんですよ。「この部分をこう鳴らしたら、こういう音が出る」っていう。マライア・キャリーは生まれもった資質で歌ってる感じがするけど、セリーヌはもっと理論的というか。セリーヌって、レコーディング中は手話で会話するらしいですよ。しゃべると声のクオリティが変わっちゃうからって。ストイックというのもあるだろうけど、ある意味潔癖症なんだろうね。

新妻:そういうところも好きなんですよ。数年前にラスベガスでライブを観たんですけど、あの時代の歌姫が軒並み全盛期のクオリティを損なっているなか、彼女だけはむしろ上がっているんです。あの年齢、出産を経てもあれほどの歌が歌えるのはすごいなと。

ーー新妻さんも自分のボーカルを理論的に捉えるほうですか?

新妻:14~15年くらいミュージカルで歌い続けるなかで、自分なりのメソッドを作り上げてきたんですよね。ミュージカルって、特殊な環境で歌わないといけないんですよ。傾斜を駆け上がりながら歌うとか、泣き叫びながら歌うとか。どんな状況でもピッチは正確じゃないといけないし、セリフと同じように歌詞を届けないといけない。ブリッジしながら歌ったり、人間じゃない役もあるわけで、職人的技術がないといろんな役を演じられないんです。私も潔癖なところがあるし、いろんな状況で歌うことをがむしゃらにコツコツやってきたことで、いまのスタイルができたんだと思いますね。

「新妻聖子×さかいゆうが語る、“ポップス”への挑戦とキャリアの重ね方「メラメラ闘志を燃やしてる」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版