>  > WANIMAが語る「CHARM」に込めたメッセージ

WANIMAが語る「CHARM」に込めたメッセージ「意味があるモノをみんなに届けたいって思った」

関連タグ
WANIMA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WANIMAが、5月17日にシングル『Gotta Go!!』をリリースし、6月28日には、さいたまスーパーアリーナで3月19日に行われたワンマンライブ『JUICE UP!! TOUR FINAL』の模様を収録した初の映像作品『JUICE UP!! TOUR FINAL』がリリースされる。バンド初のワンマンとなった同ライブは2万人の観客を動員し、『Gotta Go!!』はリリース初週に自身最高の47,408枚のセールス(オリコン調べ)を記録。WANIMAの勢いは増す一方だ。そんな中、『Gotta Go!!』に収録の「CHARM」は、リリース以降のライブでは必ず披露されており、同曲でWANIMAはさらなる支持を広げている。今回のインタビューでは、自身も「リスナーのお守りになってほしい」と語る同曲に焦点を絞り、制作の経緯から「CHARM」に込めた思い、そして楽曲を突き詰めて作り上げるスタンスについてじっくりと語ってもらった。(編集部)

WANIMA「CHARM」(OFFICIAL MUSIC VIDEO)

 「バーンっと鳴らしたときに、なんか懐かしい感じがした」(FUJI)

ーー「CHARM」は、さいたまスーパーアリーナでのワンマンで初披露でしたよね。

FUJI:実はですね、初ではなくて。ちょこちょこ「新曲です」って感じで、それまでのツアーでもやってたんです。

KENTA:3回ぐらいかな? いきなりワンマンでやる不安もありつつ、やっぱり伝えたいっていうのが溢れちゃって。

ーー胸を張ってワンマンで演奏できるように、という部分もあったと。

KENTA:「CHARM」で歌うことが今、一番伝えたいことであり、一番やりたいことではあるんですけど、さいたまスーパーアリーナは2万人でしたからね。いちばん後ろの方まで届けるとなると、まずやり慣れてないと不安もあるし、自信をつけたかったんです(笑)。

ーーでは、ワンマンで披露した感触はいかがでしたか?

KENTA:ツアーでもちゃんと聴いてくれてるんだなって印象があったんですけど、ワンマンではスクリーンに歌詞を載せたこともあって、より一人ひとりに伝わったんじゃないかと思いました。

FUJI:凄く緊張してたんで断片的にしか憶えてないんですが、KENTAと同じように、ちゃんと聴いてくれるんだなって感じましたよね。そんなにワーッとなるような曲ではないんですけど、届いたなっていう感触もあったし。

KO-SHIN:僕もそれは感じましたね。だから、それに応える意味でも、より伝えたいという気持ちで演奏してました。響いてる感触もありつつ、もっと届けたいっていう。

ーーこの「CHARM」、リスナーそれぞれのお守りにしてほしいという思いがあるということですが、どうしてそういった曲になったんですか?

KENTA:「CHARM」を収録したシングル『Gotta Go!!』の発売が5月で、桜が咲いて散る時期ということがあって。僕らも上京して10年ぐらい。最初はお客さんは2人とか3人だったけど、今は凄い数の人がWANIMAとともに生きてる中で「何ができるやろ?」って考えました。毎日毎日、誰かの側におって「頑張れよ」とか「大丈夫やけん」って直接言うことは無理やけど、音楽で出会って繋がってるみんなやから、やっぱりお返しには曲だなと。作ってるときに、この歌を新しい環境で頑張るみんなのお守りにしてほしいなっていうテーマがはっきりと浮かんだんです。

ーー2ndシングル『JUICE UP!!』収録の「ともに」がニベア花王『8×4』のCMソングとして書き下ろした曲で、「青春・部活・汗」というテーマで制作したということはありつつも、これまでそういった取り組みをした曲というのはなかったですよね。

KENTA:今まではなかったですね。「CHARM」に関しては、いつものように3人で集まって音を出して作ってく中で、景色がはっきり浮かんできて。

FUJI:まず、バーンっと鳴らしたときに、なんか懐かしい感じがしたんです。だから、派手にするとかは考えなくて、そういう懐かしさや温もりを大事にしたドラムが叩きたいなと。KO-SHINくんも同じような感覚があったと思う。

KO-SHIN:そうですね。それこそ、エロではないって感じたし。

KENTA:季節で言ったら、冬が終わって、耐えてやっと春が来たか、ぐらいの。みんなが旅立っていく、懐かしい新しい匂いがするような。

ーーそこからお守りというキーワードはどう連想されていったんですか?

KENTA:具体的になったのは歌詞を書いてるときですかね。みんなにとって、「オレらが(上京して)10年経ったからこそ歌えることって何やろうな?」って考えて。適当な言葉やめちゃくちゃなワードを使って歌うんじゃなくて、ちゃんと意味があるモノをみんなに届けたいって思ったし。

ーーまだリリースして日も浅いですが、「CHARM」はすでにたくさんのファンのお守りになってるような感じもします。

KENTA:「お守りにしてほしい」って投げかけた曲を一緒に歌ってるっていうのは、凄い光景ですよね。「最近どう?」じゃないけど、お互いを確認するような。それに、歌詞にも〈新しい歌が遠くにいるあなたに届くように/懐かしい歌がいつかまたあなたと歌える世に〉ってありますけど、「CHARM」もいつかは懐かしい歌になって。そのとき、またみんなで歌えたらいいなと思います。

「WANIMAが語る「CHARM」に込めたメッセージ「意味があるモノをみんなに届けたいって思った」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版