>  >  > 絢香、最新MVから歌詞の魅力を分析

Mr.Children、YUKI作で注目の映像作家=牧野惇による絢香「コトノハ」MVから歌詞の魅力を分析

関連タグ
絢香
JPOP
シンガーソングライター
ドラマ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 絢香が約3年ぶりとなるシングル『コトノハ』を5月10日にリリース。表題曲「コトノハ」のMVが話題を呼んでいる。

 ドラマ『ツバキ文具店 ~鎌倉代書屋物語~』(NHK総合)の主題歌として書き下ろされた同楽曲は、“手紙”や“言葉”をモチーフにしたミディアムナンバー。新進気鋭の映像作家・牧野惇が手掛けるストーリー仕立てのMVが、絢香の実体験とドラマのテーマをもとに作られた情感溢れる楽曲を彩っている。

『コトノハ』MV

 これまでにアニメーション作品やCMを多数手掛けてきた牧野監督。近年ではMr.Childrenの「ヒカリノアトリエ」や、YUKIの「ポストに声を投げ入れて」といった著名なアーティストのMVを制作しており、独自性の強いクリエイションが業界内外で高く評価される旬の作家だ。

 MVを観た絢香が「今までの私のMVにはない、新しい世界観です。“手紙”というテーマに合わせ、デジタルではなくあえて手作業によって作られたこの物語は、とても温かいです」と公式インタビューでコメントしているように、牧野監督作品は時間と手間を掛けて作られたハンドメイド調の作風が特徴的だ。「コトノハ」でも100点以上の素材を約1カ月もの時間をかけて作成されたという。

 ヨーロッパ圏のアニメーションや絵本のエッセンスを感じるイラスト、淡色を基調としたレトロな配色、身の回りにある雑貨をアレンジした可愛らしい小道具が、楽曲のテーマに寄り添いながら心温まる物語を紡ぎだしていく。幻想的で異国情緒溢れるデザインや、温かさとセンチメンタルな感情が共存した作風は、チェコの美術大学でドローイングアニメーションとパペットアニメーションを学んだ牧野監督のキャリアの賜物だろう。

 「「コトノハ」の歌詞を読んで、絢香さんの想いがストレートに出ている歌だと思いました。僕はこれを一度噛み砕いて、伝える内容は変えずに、別のシチュエーションに置き換えました」とMV制作時にコメントを残した牧野監督は、MVのメインアイテムに“手紙”をフィーチャーし、鳥の親子の物語を制作。空から落下し羽を失ってしまった息子と、最期まで彼を支え続けた母親の絆が、時を越えて繋がりあう模様が描かれる。

 このアイデアは、17歳で上京した絢香が実祖父の手紙に何度も励まされたという実体験と、手紙は“時を超えて気持ちと気持ちを繋ぐもの”という解釈から生まれたもので、歌詞に手紙というワードや親子を想起させるフレーズは出てこない。聴く人によって何通りものイメージが生まれるのは、絢香の作り出す楽曲の奥深さを物語っているのではないだろうか。

     
  • 1
  •  

「Mr.Children、YUKI作で注目の映像作家=牧野惇による絢香「コトノハ」MVから歌詞の魅力を分析」のページです。絢香JPOPシンガーソングライタードラマの最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版