>  > 藤原さくらが迎えた“転機”

アルバム『PLAY』インタビュー

藤原さくら、シンガーソングライターとして迎えた転機 「“今の私”を提示し続けていくしかない」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 藤原さくらが2ndフルアルバム『PLAY』を完成させた。ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)でヒロイン役を演じ、主題歌「Soup」を歌唱。その後、ライブと並行して制作を続け、2ndシングル『Someday / 春の歌』をリリースするなど、精力的な活動を続けてきた彼女。前作『good morning』(2016年2月リリース)以降の経験、そこで生まれた感情を色彩豊かな楽曲へと昇華した本作は、“シンガーソングライター・藤原さくら”の才能がさらに大きく開花した作品と言えるだろう。“役を演じる”“楽器を演奏する”“遊ぶ”という3つの意味が込められたという本作『PLAY』の制作、そして、この1年における音楽観、活動スタンスの変化について聞いた。(森朋之)

「客観的に物語を作るように書いた歌詞が多い」

ーー2ndフルアルバム『PLAY』が完成しました。前作『good morning』以降の活動を踏まえつつ、音楽的にも大きな発展を遂げた作品だと思いますが、まずは今の気持ちを聞かせてもらえますか?

藤原さくら(以下、藤原):「やっと出来た」という感じですね。ドラマ(『ラヴソング』)が終わった後、すぐに曲作りとレコーディングをはじめて。アルバムを作るために活動していた感じだったので、それがようやく形になったなって。

ーードラマ『ラヴソング』に出演した後は、音楽活動に対する意識もかなり変わったのでは?

藤原:まず、自分が立っている場所が大きく変わりましたね。ずっと自分の周りにあるものがすべてだと思っていたんですけど、ドラマに出演させてもらってから「こんな世界があるんだ?」という場所を見せてもらって。『Soup』を出したことも、視野が広がるきっかけになりました。シングルをリリースしたのも初めてだったし、オリコンチャートを意識することもなかったので。

ーーそれに伴って、ライブの規模も拡大しました。

藤原:そうですね。ドラマが終わった直後のライブは、撮影が始まる前から決まっていたんですよ。その後はどんどん会場が大きくなって、若いお客さんも増えて。最初は戸惑いもありました。今まではお客さんの顔が完全に見えていたし、お話も普通に出来てたんですよ。会場が大きくなるとやっぱり距離を感じるし、そのぶん、自分が大きくならないといけないんだなって。どうやったらお客さんに届くように歌えるか考えたし、音響、照明を含め、関わってくださるスタッフも増えていくなかで、これまでと同じようにやっていてはダメですからね。バンドのメンバーともたくさん相談しましたね。今まではずっと座って歌ってたんですけど、椅子を外してみたり、ステージの両端に移動したり、ギターソロのときに前のほうに出たり。そういうことも初めてだったんですよ。

170510-fs-i1.jpg

 

ーー先日、家入レオさん、大原櫻子さんとステージに上がりましたが(『ビクターロック祭り 番外編 IchigoIchie Join 6 家入レオ × 大原櫻子 × 藤原さくら』を3月12日パシフィコ横浜 国立大ホールで開催)、彼女たちからも刺激を受けてますか?

藤原:すごく刺激をもらってます。2人とは電話したり、ごはんを食べに行ったりする友達でもあるんですけど、一緒にステージに立つと「すごいな」って思うし、悔しいというよりも「がんばろう」っていう気持ちになれるんですよね。演出もすごいじゃないですか。テープをバーン! と飛ばしたりとか。「私もやってみたいな」と思う反面、「でも、自分には自分の見せ方があるしな」と改めて実感したり。それぞれにライブのやり方がありますからね。私のライブで一緒に踊りたいかっていえば、そうじゃないだろうし。

ーーではアルバム『PLAY』について。『Soup』のインタビューの際に「ポップな曲を増やしていきたい」と言ってましたが、それはアルバムの制作中も意識してましたか?

藤原:そうですね。結果的にはそこまでポップになったわけではないけど、メロディやアレンジの段階では「もうちょっと伝わりやすくしよう」と考えるようになったので。日本語の歌詞も増えましたからね.

ーー英語詞が2曲、日本語の歌詞が10曲ですからね。ストーリーを伝えるような歌が増えていることも印象的でした。

藤原:“つらい”“嬉しい”みたいな自分自身の感情だけではなくて、客観的に物語を作るように書いた歌詞が多いんですよ。それはやっぱりドラマで佐野さくらという女の子を演じた経験が大きいと思います。自分じゃない誰かになる楽しさを実感できたし、それが曲作りにも反映されているんじゃないかなって。もちろん大変なことも多いですけどね、曲作りは。ずっと「作りたいときに作る」という感じだったんですけど、今はそうじゃないし、なかなか出来なくて悩むこともあるので。『good morning』のときは朝に曲を書くことが多かったんだけど、今回は朝も夜中もやってましたね。

170510-fs6.jpg

 

「藤原さくら、シンガーソングライターとして迎えた転機 「“今の私”を提示し続けていくしかない」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版