>  >  > noovyはアジアを繋ぐ新たなスターへ?

noovyはアジアを繋ぐ新たなスターへ? 日本初ワンマンに感じた可能性

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 台湾出身、平均年齢19歳のバンド・noovyが、4月23日にTSUTAYA O-nestで開催した日本初ワンマンライブは、アジアを繋ぐ新たなスターの誕生を予感させるものだった。

 彼らは2016年9月に台湾でデビューし、2017年からは日本に約3カ月間滞在。自身初となるCD『KALEIDOSCOPE』を1000枚限定でリリースし、予想より早く、約1ヶ月で完売、この日のワンマンが決定した。筆者は彼らが一度台湾へ帰国する直前、3月末のライブを見ていたのだが、そこからの成長スピードには正直驚かされた。

20170504-noovy3.jpg

 

 冒頭では、これまで乗り越えてきたステージの模様やバックステージを撮影した映像、メンバー内での諍いや1000枚完売の喜びなど、1月からの滞在期間を振り返る映像が投影され、その後メンバーがステージに登場すると、セッションがスタート。この時点でJK(Ba/Cho)とMark(Dr/Cho)によるリズム隊を中心とした音の重心も、以前よりしっかりと安定していることに気づく。先述したCDの表題曲「KALEIDOSCOPE」が1曲目として演奏され、ライブは序盤からエモーショナルなムードに包まれていた。普段は寡黙な雰囲気だが、話し出すとお茶目なHank(Gt/Cho)のギターは、まるで彼自身を映すかのように、クールさと情熱を併せ持った音色を鳴らし、これまでより日本語も数段上達したShawn(Vo/Gt)が、爽やかに日本語詞を歌い上げる。

 「KALEIDOSCOPE」だけを聴くと、noovyはJ-POPとC-POPを融合したポップバンド、というイメージが強いかもしれないが、彼らの魅力はそこだけではない。「Garage」(未発表曲)や「Never Gonna Stop」、「Shout It Out」からは、My Chemical RomanceやSimple Plan、Green Dayといった、アメリカのポップ・パンクバンド的な爽快感とダイナミズムが同居する楽曲。これらを巧みな英語で歌い上げ、熱量のある演奏を見せてくれた彼らからは、ロックバンドとしての風格も漂っていた。そこに加えてColdplay「Yellow」もカバーするという振り幅も持っている。

20170504-noovy4.jpg

 

 演奏のほかに明確な成長を感じた部分として、ステージングの上達も大きい。先述したように、Shawnの日本語はめきめきと上達しており、メンバーイジりも自虐も煽りも全て日本語で巧みにやってのける。メンバー全員もまんべんなく自身の個性を前に出してくるし、初披露となった「Move It」ではShawnが笛を吹きながら扇動したり、ロカビリーな「Bye Bye Darling」や、まさかの”体操コーナー”まで用意されたダンスロック「One」では、スケールの大きなダンスロックを披露した。

 彼らはそれぞれ、音楽家としては別々の道を歩んできており、好みの音楽に関しては違うものを趣向してきた。もちろん提供された楽曲も数多く存在するが、今の彼らがここまで幅広いジャンルの演奏を身に付けたのは、そんな経歴のメンバーたちが、ぶつかり合いながらも志を同じくして歩み始めたからなのかもしれない。開演前のVTRでオンエアされたように、ときに喧嘩もしながら、4人は自分たちならではの音楽を突き詰めてきた。3カ月限定という期間が影響したのか、短いながらも濃密な時間をどんどん過ごすようになった。その成果が、この日の公演にはしっかりと目に見える形で現れていたかのように思えた。

20170504-noovy5.jpg

 

 そして、noovyは4月26日にミニアルバム『ONE』をリリース。今度は3カ月で3000枚を売り上げれば、日本でのメジャーデビューが決定する。これからnoovyは、3カ月弱の間に30本以上のライブをこなして日本全国を回る、修行のような期間が待っている。それが終われば、バンドとしてもう一回り大きな形になるだろう。台湾のバンドといえば、彼らより一回り上の年齢にはMaydayがいるが、noovyには彼らと同じく、大きな世界を目指せるポテンシャルを感じる。そのステージにたどり着くのは容易ではないだろうが、個人的には3000枚を軽々と達成してほしいと思う。本当のゴールもスタートも、まだその先に待っているのだから。

(取材・文=中村拓海)

■ライブ情報
4月25日(火) 東京・HMV&BOOKS TOKYO
4月30日(日) 東京・新代田FEVER
5月1日(月) 神奈川・タワーレコード川崎店
5月4日(木・祝) 千葉・TOWERmini西武船橋店
5月5日(金・祝) 東京・タワーレコード新宿店
5月6日(土) 東京・タワーレコード八王子店
5月7日(日) 福岡・UTERO
5月8日(月) 福岡・HMV&BOOKS HAKATA
5月9日(火) 広島・タワーレコード広島店
5月10日(水) 広島・HMV広島本通
5月12日(金) 兵庫・ART HOUSE
5月13日(土) 大阪・HMVグランフロント大阪
5月14日(日) 兵庫・HMV三宮VIVRE
5月14日(日) 大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店
5月15日(月) 愛知・栄Party’z
5月16日(火) 愛知・HMV栄
5月27日(土) 東京・下北沢SOUND CRUISING 2017
5月29日(月) 東京・新代田FEVER
6月4日(日) 東京・TSUTAYA O-nest
6月24日(土) 栃木・宇都宮HELLO DOLLY
7月7日(金) 東京・アストロホール
and more…

■関連リンク
noovy オフィシャルHP
noovy スタッフTwitter

「noovyはアジアを繋ぐ新たなスターへ? 日本初ワンマンに感じた可能性」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版