>  >  > 嵐、綾野剛の言動で浮かんだグループの本質

嵐、綾野剛の“ファン目線”発言で浮かんだグループの本質 “語られること”で魅力高まる?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 嵐のレギュラーバラエティ番組『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)の放送時間が、4月からよる10時から9時に繰り上がるとのことで先日話題を呼んだ。2010年の番組放送開始以来、内容を一部変更しながらも長く愛されてきたこの番組。毎回スタジオにゲストを招き、メンバー5人がそれぞれ担当するコーナーVTRを視聴者とともに楽しむ。途中にはスタジオ企画も設けられており、ゲストと嵐の掛け合いの中からはゲストの魅力はもちろん、いくつも嵐の新たな一面や魅力が引き出されてきた。

 番組の放送時間変更がアナウンスされたのが1月14日。時間変更がトピックとして大きく話題になった回ではあったが、それ以上にファンを驚かせたことがある。この日ゲストとして出演していた綾野剛の限りなくファン目線に近い言動の数々で、嵐というグループの素晴らしさやメンバーの魅力が大いに引き出された“神回”だったのだ。

 綾野剛はこれまでにも度々“嵐好き”を公言しており、嵐ファンの間でもそのことが認知されている。番組内のコーナーでは、「綾野剛の初出し情報」として“二宮とカラオケでデュエットしたこと”や“嵐への愛が止まらない”というトークが展開されていった。カラオケのエピソードでは、「truth」を二宮とハモったことを嬉しそうに語りながら、その場で1フレーズ歌い始める綾野。歌詞を見ずに歌える本気っぷりには、嵐の一同も驚き。さらに、映画撮影中、綾野が突然「リーダー(大野智)のドラマ、最高だったね」と二宮に語りはじめたという話題では、綾野が「いやー最高でしたね! 『世界一難しい恋』は『I seek』(嵐が歌ったドラマ主題歌)が入るタイミングも最高なんですよ」とマニアックな楽しみポイントを交えて絶賛。まさに綾野の“愛が止まらない”様子が画面ごしによく伝わった。

 さらに綾野剛とメンバーそれぞれの“嵐愛”が見えてきたのが、綾野の今年の夢「嵐になってジャケット写真を撮りたい」を叶えるコーナーでのこと。最新アルバム『Are You Happy?』の構図で撮影することになり、メンバーと綾野、6人で映ることを提案されると、綾野は「嵐は5人、それは絶対に譲れないんですよ」とキッパリ断言。そしてその後、二宮の代わりで綾野が写真に映ると、メンバーが1人入れ替わるだけでまったく別のグループへと姿を変えたのだ。櫻井翔はめったにないシチュエーションに「こんなに雰囲気変わるんだね。面白いね、これ、超いいよ!」とハイテンションだったが、5人は5人でも、メンバー5人が揃うことではじめて嵐として成立するのだという、当たり前でいて大切なことにふと気づかされた瞬間だった。

      

「嵐、綾野剛の“ファン目線”発言で浮かんだグループの本質 “語られること”で魅力高まる?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版