>  >  > XOXメンバーの意外なキャラクター

『金曜ロンドンハーツ』出演で話題のとまん率いるXOX、彼らのキャラクターから魅力を探る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『家政婦のミタゾノ』(テレビ朝日系)で熱演するTOKIO・松岡昌宏が意外にすんなり受け入れられたように、女装は今や男性タレントの自己表現法のひとつとして認知(?)されつつあるようだ。『金曜ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の企画「見た目ビューティーカップ」などはその好例。先日同番組に登場しスタジオはもちろん、SNSにも衝撃が走った女装がある。ボーイズグループ・XOX(キスハグキス)のとまんだ。

 一口に女装といっても、その場を盛り上げるために行われる女装は苦笑いしてしまうのが一般的だが、とまんの女装は「女子にしか見えない」レベル。番組を観た女性たちからは「私、完全に負けている」「もう女、やめたい」という敗北宣言がSNSに相次いだそうだ。“ジェンダーレス男子”と称される、とまん。身長163cm、体重38kg(!)という華奢な体型と、1カ月の美容代10万円と噂される徹底したケアによる美肌こそ「女子にしか見えない」理由だろう。現在は”素”の状態でも黒髪にエクステをつけており、男子トイレに入るたび居合わせたおじさんたちをギョッ! とさせているらしい。彼がリーダーとして率いるXOXは、2015年12月にシングル「XXX(キスキスキス)」でデビュー。2ndシングル『Ex SUMMER(エックス・サマー)』はオリコンウイークリーチャート6位、11月2日にリリースしたばかりの3rdシングル『Skylight』は同チャート9位を記録している。

 読者モデルとして人気だったとまん・志村禎雄・バトシンに、オーディションで選ばれた田中理來・木津つばさを加えた5人編成。通常こうしたグループにはひとりふたり「あれ?」というメンバーも混じっていたりするものだが、5人もれなく美青年というレアケースだ。しかも原宿系の人気読モから派生しただけあり、ストリート感漂うファッションも注目の的。高感度な女子たちから支持されているのも納得だが、ちょっと意外性のある彼らのキャラクターが浸透すればさらに人気が広がるかもしれない。

 たとえば女装が話題となったとまんは、グループ最年長。見た目からはクールで気難しい人柄を想像しがちだが、中身は意外に熱くおしゃべり好きだ。メンバー愛もハンパではなく、兄のよう……ではなく母親のように細やかに面倒を見ているという。

 さらに(名前の禎雄=さだお から)”だおくん”の愛称で親しまれる志村は、キャッチフレーズが”天然ぶりっこ”。本人は無自覚らしいが、何をやってもかわいくなってしまうという愛されキャラだ。

 スペイン系フィリピン人と日本人のハーフであるバトシンは、男性でさえも見惚れる端正な顔立ち。身長も高いので一瞬近寄りがたさを感じるが、しゃべるとバリバリの関西弁が飛び出す。よくひとりでノリツッコミをしているそうで、メンバー内のムードメイカーでもあるそう。

 現役大学生でもある田中は”XOX一の頭脳派”といわれており、なんと元”天てれ戦士”。かわいらしい少年時代から成長し、今ではさわやかな好青年だ。ナチュラルで落ち着いた雰囲気で、幅広い層から好感度が高い。

 そしてXOX最年少が、木津。一見クールに振る舞っていても時間とともにかわいさが露見してくるという、典型的な弟キャラである。

      

「『金曜ロンドンハーツ』出演で話題のとまん率いるXOX、彼らのキャラクターから魅力を探る」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版