>  >  > 嵐二宮、ユーチューバーに憧れ? 

佐藤結衣の『ラジオdeジャニログ』

嵐 二宮和也、ゲームのユーチューバーに憧れ? 時代の変化が幼少からの夢を叶えるか

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 無類のゲーム好きで、休日はもっぱら家で過ごすインドア派として有名な嵐の二宮和也。休日は朝10時から夜中4時までゲーム三昧なことも珍しくないようで、過去には「生活の8割はゲーム」「ゲームの時間を削って寝ている」など、数々の名言も披露しているほど。そんな二宮が11月20日放送のラジオ『BAY STORM』(bayfm)で「2〜3年ぶりに、外界におりてる」と語った。

realsound-arashifont.jpg

 

 街へ繰り出した理由は、歯医者への通院。「あればいいんだけどね、うちに歯医者が。でも、ないから(笑)。大変ですよ、本当に」と、とことんインドア派であることを強調しながら「見れるかもね、“街ニノミヤ”が」と笑いを誘った。

 そんな珍しく街に出た二宮。そういうときにこそ、事件は起こるもので「こういうのは目撃した人から広まるものだと思うんですけど、広まる気配がないから言うんですけど」と前置きをしながら、車椅子のおばあちゃんが階段で下りるのを手伝ったエピソードを披露した。

 一見、心温まる美談だが、二宮の語り口調は少々納得がいっていない様子。「手伝いましょうか? おばあちゃん、これ下りたらいいの?」と二宮が声をかけた直後に、見ず知らずのイケメンが「俺もやりますよ」と出現すると、二宮が車椅子に手をかけるやいなや「いや、前からはマズイっしょ」と注意され、そのあとの流れを全て仕切られてしまったのだという。

 「でも、最初に言ったのは俺なの」「おばあちゃんが下りられたのは発端は俺だから。最終的に全部仕切られたけど」「絶対、俺だったけどね」と必死にアピールするも、おいしいところを持っていかれた感は消えず、悶々とトークを繰り広げた。

      

「嵐 二宮和也、ゲームのユーチューバーに憧れ? 時代の変化が幼少からの夢を叶えるか」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版