>  >  > 『YON FES』で感じた邦楽ロックの新潮流

対バンを通じた“仲間意識”が、邦楽ロックシーンの新潮流を生む? フォーリミ主催『YON FES』で感じたこと

関連タグ
BACK LIFT
PUNK
ROCK
フェス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『YON FES』04 Limited Sazabys photo by ヤオタケシ

 04 Limited Sazabysが4月2・3日に初開催した『YON FES』。2015年のメジャーデビューからわずか1年しか経っていない彼らが主催したイベントは、同世代バンドが集結した現代の“邦楽ロックシーン”の象徴の一つといえるものとなった。

20160411-04ls.jpg

『YON FES』04 Limited Sazabys photo by ヤオタケシ

20160411-wanima.jpg

『YON FES』WANIMA photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)

 各メディアで“同世代バトル”と見出しが付いたこのイベントは、ここ2〜3年の間に人気が急上昇し、知名度を上げたアーティストたちが多く名を連ねた。昨年に全国30カ所で開催したツアーを即日ソールドアウトさせた<PIZZA OF DEATH RECORDS>のWANIMAをはじめ、今年3月にインテックス大阪2DAYS、幕張メッセ2DAYSを満員にしたキュウソネコカミや、10月に武道館公演を控えているBLUE ENCOUNTなど。シーンというものは、1バンドだけで作られるものではない。同フェスに集まった面々は、いつからかロックシーンを動かしていこうとする“仲間”の意識を持ち、切磋琢磨してきたように思う。

20160411-kyuso.jpg

『YON FES』 キュウソネコカミ photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)

20160411-be.jpg

『YON FES』BLUE ENCOUNT photo by ヤオタケシ

 そうした仲間意識を生み出すきっかけとなっているのが、新人バンドをフィーチャーしたライブ・イベントなのではないか。たとえば、スペースシャワーTV主催のライブイベントツアー『スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR』。全国数カ所を約1カ月間にわたり、選ばれたバンドで共にツアーを回っていく。昨年度の『スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR2015』には、04 Limited Sazabys、HAPPY、THE ORAL CIGARETTES、Brian the Sunが出演し、全バンドが『YON FES』で再会を果たした。当日は、それぞれのバンドがMC中に昨年のツアーについて触れる場面も。THE ORAL CIGARETTESの山中拓也(Vo/Gt)は「改めてフォーリミのこと尊敬するなと思いました」と語っていたが、後日赤坂で行った自身のワンマンライブでは「正直悔しかった」と話しており、ツアーをともに回った“同期”の大きな飛躍を感じ取っていたようだ。

20160411-toc.jpg

『YON FES』THE ORAL CIGARETTES photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)

20160411-hp.jpg

『YON FES』HAPPY photo by Yukihide JON... Takimoto

20160411-bs.jpg

『YON FES』Brian the Sun photo by 青木カズロー

 他にも同世代バンドが対バンするライブ・イベントは数多く存在する。数回にわたって企画されるそれぞれの場で共演を繰り返すことが、次のシーンの担い手としての仲間意識をより強固なものとするきっかけにもなっているのである。

20160411-4s.jpg

『YON FES』04 Limited Sazabys photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版