>  >  > ATSUSHI+AIが体現する歌唱力

宗像明将のチャート一刀両断!

EXILE ATSUSHI+AIがメインストリームで体現する、ブラックミュージック直系の歌唱力

関連タグ
AI
EXILE
JPOP
シンガー
チャート一刀両断!
宗像明将
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2016年03月07日~2016年03月13日のCDシングル週間ランキング(2016年03月21日付)(ORICON STYLE)

 2016年3月21日付の週間CDシングルランキングを1位から10位まで聴いた結果、J-POPのメインストリームにこんなにも良い歌があるのか……という安堵さえ覚えたのが、7位のEXILE ATSUSHI + AI「No more」でした。

 この選盤は担当編集者にも意外がられたのですが、実はこの連載では2015年11月9日付の週間CDシングルランキングで、EXILE SHOKICHIの「IGNITION」を取りあげるか迷ったことがありました。「IGNITION」は鮮烈なほどファンキーな楽曲で、それ以降EXILEの存在はずっと気になっていたので、今回EXILE ATSUSHI + AIの「No more」を取りあげるのはある種の必然とも言えます。

 「No more」という楽曲は奇をてらったところはどこもない、R&Bのミディアム・ナンバーです。ATSUSHIとAIのコラボレーションは、2008年の「So Special」、2015年の「Be Brave」に続いて3回目ですが、「No more」には異様な昂揚感があります。

 その理由は、単に楽曲の問題だけではなく、ふたりのヴォーカルの使い方によるところが大きいでしょう。これまではATSUSHIとAIのヴォーカルのそれぞれの個性をはっきりさせつつコラボレーションをしてきましたが、今回は冒頭からAIの低音を効果的に使うことによって、まるでひとりのヴォーカルのように聴こえるほど声質が溶け合っているのです。穏やかに歌いつつ、サビで一気にAIが歌いあげる展開には強烈なカタルシスがあります。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版