>  > MACOが生み出すポジティブなラブソング

2016年第一弾シングル『恋心』インタビュー

MACO、ポジティブなラブソングを作った理由を語る「後ろ向きな感情が一切沸いてこなかった」

関連タグ
JPOP
シンガー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MACOが、2月3日に2016年第一弾シングル『恋心』をリリースする。表題曲はドラマ『東京センチメンタル』の主題歌として書き下ろしたもので、彼女にとっては、より幅広い層へリーチを広げることになるであろうストレートなラブソングだ。ほかにも、MACOファンにとってはお馴染みとなる“ぐっさん”こと山口隆志の手掛けた「夜明けがくるまで」や、MACO自身が作曲に携わった「出逢い」などを収録した同作について、リアルサウンドではMACO本人にインタビューを実施。躍進の年となった2015年の振り返りから、同作の制作秘話、彼女の作詞に影響を及ぼした心境の変化や、2月7日より行なう全国ツアーライブツアーなどについて、じっくりと話を訊いた。

「男性が聴いても同じような気持ちになれるよう、<僕>というワードを使った」

――2015年は1stアルバム『FIRST KISS』のリリースやテレビ出演の増加など、MACOさんにとって、これまでよりも多くの人に自身の音楽を届けた1年でしたね。

MACO:1年ごとに手応えを感じる瞬間は確実に多くなっています。テレビ出演やCDのリリースも良いペースでできていて、付いてきてくれる方も徐々に多くなっている印象もありますし。でも、どこかでまだ足りないなという自分の反省点も1年ごとにしっかりあるので、そこは忘れないようにやっていきたいですね。

――『FIRST KISS』は、これまでの“切ないラブソング”というイメージに沿った楽曲だけではなく、音楽的な挑戦の多いアルバムでした。なので次のシングルはどうなるかと楽しみにしていたのですが……。

MACO:またラブソングなんです(笑)。

――でも、それぞれの楽曲にしっかりと色があって面白いなと感じています。作編曲に関しては、MACOさんの楽曲ではお馴染みになりつつあるMUSOHさんと山口隆志さんがそれぞれ参加しているほか、3曲目「出逢い」はMACOさんとRICKEYさんの共作曲というバランスの良さがあって。

MACO:そうですね。相性の良い方たちと再びタッグを組ませていただきました。唯一RICKEYさんだけが初めてなのですが、彼はストレートにいろんな意見をくれたので、私もそれに触発されて素直にやり取りをするようになり、セッションしながら一曲を作ったという感じです。

――表題曲の「恋心」は、ドラマ『東京センチメンタル』(テレビ東京系)の主題歌として書き下ろしたものですよね。具体的にどういうリクエストがあったのでしょうか。

MACO:主人公は同世代の女性、というわけではなく、吉田綱太郎さんが演じる和菓子職人さんなので「あまり女の子らしすぎないように」という要望をいただきました。なので、男性が聴いても同じような気持ちになれるよう、<僕>というワードを使ってみたり。実はこういう曲を今まで書いてきていないので、私にとっても新鮮な体験でした。

――実際にドラマの撮影現場を見て作詞をしたとか。

MACO:はい。舞台である和菓子屋さん『くるりや』や東京の下町を歩いて、少し懐かしい香りがすると感じたので、その要素も入っていると思います。あと、このドラマが4月まで続く作品ということもあり、発売は冬だけど、春も少し意識して作った曲なんですよ。

――たしかに先日公開したMVも、生花に囲まれている映像ですし、春らしさを強調したものになっていますね。

MACO:MVには歌詞に沿って「恋が花開くように」というキーワードを込めていて。映像はまだショートバージョンしか公開していませんが、MVのシーンの中の1つにチューリップを室内の温度で咲かせるというシーンがあるんです。最初は閉じてますけど、スタジオ内の温度を上げてどんどん花開いていく様子は素敵でした。

MACO – 恋心【テレビ東京系ドラマ24『東京センチメンタル』主題歌】

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版