>  >  > WHITE ASH渋谷クアトロレポ

WHITE ASH『Charity LIVE 'Cycle' 2015』レポート

WHITE ASH、音楽で“つながった”渋谷クアトロ公演レポ レア曲やファンとのセッション披露も

関連タグ
WHITE ASH
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WHITE ASHが、年内最後のワンマンライブ『Charity LIVE ‘Cycle’ 2015』を12月13日、渋谷CLUB QUATTROで開催した。先月、両A面シングル『Insight / Ledger』のリリースツアーを終えたばかりの同バンドが今回行ったのは、福島出身メンバー・山さん(Gt)が中心となって行っている自主企画。昨年に続き2回目の開催で、「福島のために、WHITE ASHとして、音楽で会場のみんなともっと1つになりたい」との思いがこめられたライブには、普段以上の熱量とともに、終始あたたかい空気が流れていた。

20151217-wa4.jpg

 

 SEが流れ始めると同時に手拍子がスタート。オレンジ色に発光したステージに向かって、一気に観客が前へなだれ込む。打ち込みのビートに刺さるギターリフが鳴ると、疾走感のある「Insight」が始まった。“正義”をイメージして制作されたというこの曲は、アークティック・モンキーズから影響を受けたロックサウンドを得意とする彼らの楽曲のなかでも、ストレートなギターサウンドが際立つ一曲。剛(Dr)のドラミングから始まり、ベース、ギターとそれぞれの楽器のグルーヴが印象的な「Thunderous」では、のび太(Vo&Gt)のささやくような歌声と彩(Ba)のコーラスから生まれる怪しげな雰囲気から跳ねるようなドラムビートに突入、そのビートに合わせて上がる観客のテンションは、のび太の歌声を合図としてピークに達するかのようだった。

 今回のライブでは、WHITE ASHの様々な表情を見ることができた。普段は、重厚な低音の効いた楽曲から連想されるクールなライブパフォーマンスの多い彼らだが、今回は多彩な楽曲でバランスよく構成され、新たな彼らの魅力を感じることができたのではないだろうか。のび太もMCで「いつもはCDを発売したリリースツアーみたいな感じがほとんどなんですけど、“Cycle”に関してはそういうリリース関係のイベントじゃないから、好きな曲をやれるということなんです」と普段とのライブの違いを説明し、「僕らシングルとかアルバムとか色々作ってるんですけど、シングルのカップリング曲ってなかなか日の目を見ないことが多くてですね……だけどカップリングも、いい曲多いんだよね」と本音を明かした。

20151217-wa7.jpg

 

 隠れキラーチューンの多いカップリング曲からまず披露されたのは、2ndシングル『Kiddie』収録の「New Wave Surf Rider」。普段あまり演奏されない曲でも、彩はのび太の歌声を生かすコーラスをしっかりと歌い切る。続く5thシングル『Crowds』の「Queen of Boogie-Woogie」では、シンガロングが会場全体へ広がった。そして6thシングル『Hopes Bright』収録の「Faster」が終わると、抽選で選ばれたファンが、メンバーと一緒に好きな曲をステージ上で演奏するという特別企画が披露された。そのコラボ曲として選ばれたのも「I Wanna Be Your Valentine」という、3rdシングル『Would You Be My Valentine?』のカップリング曲。のび太も「カップリングいいねぇ」と、この選曲にはご満悦な様子。WHITE ASHに憧れてバンドを始めたというファンと彩のツインベースから始まる同曲のセッションが始まると、会場は一気に和やかな雰囲気に包まれた。そしてその空気感を引き継ぐように、のび太はアコースティックギターに持ち替え、季節感のある「Xmas Present For My Sweetheart」を披露。この曲は最後のフレーズ以外が日本語詞で歌われる。歌詞に込められたメッセージがストレートに伝わり、普段の彼らの楽曲とは一味違ったあたたかさを感じる一曲だ。

 先日発表された、来年3月16日リリースの4枚目のフルアルバム『SPADE 3』から新曲「Blaze」も披露された。その後、「Jails」 「Crowds」「Paranoia」と、ライブでもおなじみのナンバーで一気に畳み掛ける。「Crowds」では、サビ前のアドリブで観客を焦らし、「Paranoia」では、ギターを下ろしたのび太が動き回って観客を煽る。それに応えるような観客からのコールに負けじと演奏する楽器隊。どんなにアグレッシブさが増してもブレることのないグルーヴこそが、WHITE ASHのライブでの強みだ。ギターの不気味なメロディから始まる「Pretty Killer Tune」では、のび太、山さん、彩が交互にメインボーカルを務める掛け合いと、観客のコール&レスポンスやシンガロングが混ざり合い、盛り上がりは最高潮を迎えた。

      

「WHITE ASH、音楽で“つながった”渋谷クアトロ公演レポ レア曲やファンとのセッション披露も」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版