>  >  > 嵐が“原点回帰”して目指すものは?

嵐、“原点回帰”して目指すものは? 最新アルバム『Japonism』の「よいとこ盤」で鮮明になったコンセプト

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
realsound-arashi.jpg(C)タナカケンイチ

 10月21日に発売した嵐の最新アルバム『Japonism』が、11月9日付オリコン週間アルバムランキングで累積87.7万枚を記録し、2週連続1位を獲得した。2週連続の首位獲得は『LOVE』(2013年)以来2作ぶりで、『All the BEST! 1999-2009』(2009年)、『僕の見ている風景』(2010年)とあわせて通算4作目となる。

 今作は、嵐のアルバムとしては初の3形態でリリースされた。多様な購入者のニーズに合わせた展開が、売上枚数をのばしたひとつの要因でもあるのかもしれない。

 まず、「初回限定盤」は、CDとDVDでの展開。84ページにわたる歌詞フォト・ブックレットを封入し、DVDにはアルバムのリードトラック「心の空」(ビデオ・クリップ+メイキング)を収録。音楽とともに、嵐のビジュアルやパフォーマンスを楽しみたいというファン向けの内容となっている。

 「通常盤」は、CD2枚組での展開。ディスク2には、NHK『第61回紅白歌合戦』(2010年)で披露されて以来、ファンの間でCD化が望まれていた「ふるさと」をはじめ、全4曲のボーナストラックを収録しており、本編のディスク1とあわせると全20曲を1作品で楽しむことができる。嵐の楽曲を存分に堪能できる内容といえるだろう。

 ここで注目すべきは、「よいとこ盤」だ。こちらもCD2枚組での展開だが、ディスク2の内容が趣向を凝らしたものとなっている。先日『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)出演時にバク転を披露したことで話題となった、少年隊「日本よいとこ摩訶不思議」のカバー曲と、メンバーによるラジオ風トークを楽しむことができるオリジナル・トーク・トラック「アラジャポ・トーク」といったオリジナルコンテンツ2本が収録されており、まさに『Japonism』に対する嵐からのメッセージが込められた内容となっているのだ。

      

「嵐、“原点回帰”して目指すものは? 最新アルバム『Japonism』の「よいとこ盤」で鮮明になったコンセプト」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版