>  > Gacharic Spinの全力エンタテインメント

メジャー1stアルバム『MUSIC BATTLER』インタビュー

Gacharic Spinが貫く“全力エンタテインメント”の現在地「6人が同じ夢に向かって進んでいる」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Gacharic Spinが待望のメジャー1stアルバム『MUSIC BATTLER』をリリースした。7月末にパフォーマー2号ありさの卒業を経て、新たに3号ねんねを迎えた彼女たち。今作ではメンバーチェンジの余波を一切感じさせない、エネルギッシュなバンドサウンドと攻めの姿勢が貫かれた楽曲をたっぷり楽しむことができる。

 今回のインタビューではアルバム『MUSIC BATTLER』に対するこだわりに加え、ありさ卒業の経緯とねんね加入までの流れ、他のメンバーから見たねんねの人物像、そして年々濃くなっていく活動スタンスについて語ってもらった。(西廣智一)

「ねんねにはずっと前からいたかのようなオーラがある」

151006_k.jpegF チョッパー KOGA(Ba)

──前回のインタビュー(Gacharic Spinが『ドラゴンボール改』EDで見せるエンタメ精神 「振り幅の広さがガチャピンの良さ」)から1ヶ月後に、ダンサー2号ありささんの卒業が突如発表されて、正直びっくりしました。

FチョッパーKOGA(以下、KOGA):ありさは高校3年生で進路のことがあって、どのタイミングに卒業するかというのが正直あったんです。ただ、卒業することが決まっているんであれば、ちょっとでも早めに卒業させてあげないと彼女のこれからに関わってくるし、そしてGacharic Spinもまだ先に進んでいかなければならないしで。8月からは海外公演があったり大きいフェス出演があったりで、その前には新しいメンバーを入れた新体制でやったほうがいいんじゃないかっていうので、あのタイミングでの発表になりました。ちょうど新学期が始まる前にありさは卒業して、2学期が始まったときには学校に行けるようにっていう。

──夏休みの間に卒業して、Gacharic Spinも夏の間に新たな体制を整えると。ねんねさんは、ありささんがいるときから一緒にリハーサルをしていたんですか?

ねんね:そうです。

KOGA:だから7人でリハに入ってました。

──2つのガチャピンが同時進行でリハーサルをしてたってことですよね。

KOGA:そうですね。

──皆さんから見て、新メンバーのねんねさんはどういう子ですか?

はな:いい意味で周りが見えないというか、前しか見てない子。だからマイナス要素が一切耳に入らない。ひたすら自分がやるべきことを頑張って、前しか見てないからどんどん伸びるっていう。しかも、あたかもずっと前からいたかのようなオーラがあるんです。

KOGA:確かに。

はな:初ライブの時も「大丈夫?」って心配にならずに、「もう2年ぐらい一緒にやったよね」ぐらいの感じが出てました(笑)。

TOMO-ZO:どっしり構えていて、緊張をあまりしないみたいなんですよ。私がすごい緊張してるのに、隣を見ると「あれっ、してない?」みたいな。

KOGA:「あれ、私6年間やってきたのに?」って?

TOMO-ZO:そうそう(笑)。逆に焦るっていう。

KOGA:まいは一番近くにいて、ねんねが緊張してるなって感じる?

まい:一緒にダンスをやってる中では「あ、今ヤバイのかな?」と感じることはあります。

KOGA:そうなんだ。でもこの空気感からは、うちらとメンバーとして出会う運命だったのかなと感じますね。

ねんね:私、1、2年前に自分が将来なりたいイメージを考えたことがあるんです。当時はまだGacharic Spinのことは知らなかったんですけど、そのときに自分で書いた文章をこないだ見たら、「全力なエンタテインメントをしたい。今はダンスと歌とピアノと作詞作曲を極めていきたい」みたいなことが書いてあって、全部Gacharic Spinに今当てはまってるんです。だから運命をすごく感じました。本当にここに来られてよかったです。

「まいとねんねのダンスがちょっと姉妹みたいな感じ」

151006_h.jpegはな(Vo、Dr)

──7月26日にありささんが卒業して、7月30日にはねんねさんが加わった編成でもうライブを行ってるんですよね。前体制から新体制までが数日っていうのも驚きでした。

KOGA:あ、そうですね。数日だ。

──他のバンドだとそこでもうちょっとクッションを置くことも多いですが。

全員:確かに(笑)。

オレオレオナ(以下、オレオ):その頭がまずないっていう(笑)。

KOGA:一時期ありさとまいとねんねの3人でリハーサルをしていて、ある日はありさのパートをねんねがやって、次の日はありさが入ってっていうのを繰り返してました。新体制が整った形でありさは卒業していったので、ねんねはそのままスルッと入ってきた感じでなんす。

──その攻め続ける感じもGacharic Spinらしいですね。

KOGA:マイナスな卒業ではないですからね。ファンの人の悲しい、寂しいって声はもちろんあると思うんですけど、でもバンドが足を止めてたらもっと悲しいと思うし。私たちはライブバンドだしライブをやってなんぼなので、止まりたくないというのはありましたね。

オレオ:だってボーカルがいなくなっても止まらないんですよ、このバンド。

──言われてみれば、そうでしたね。

オレオ:それでもツアーで全国を回ろうとするバンドなんで。「この人たち、バカなのかな?」って密かに思ってましたから(笑)。

KOGA、はな、TOMO-ZO:あはははは!(笑)

──まいさんは、ねんねさんの頑張りをどう見ていますか?

まい:一緒にダンスをしてると、吸収がすごく速くて。ありさとはまた違う個性を持ってるので、やり方も変わってきるし、パフォーマーとしても新しい見せ方ができたらいいなと思ってます。

KOGA:ダンスがちょっと姉妹みたいな感じなんですよね、まいとねんねは。まいとありさのときは2人の個性がいい感じに引き立つパフォーマンスだったんですけど、今はねんねが一生懸命まいについていこうとする気持ちが見えるので、それがお姉さんと妹みたいで。まだまだ進化していくんじゃないかと思います。

151003_ga_int1.jpeg

 

「Gacharic Spinが貫く“全力エンタテインメント”の現在地「6人が同じ夢に向かって進んでいる」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版