>  >  > リトグリは演技を通して何を学ぶ?

演技が歌に及ぼす化学反応ーーLittle Glee Monsterが初ドラマ出演で学んだもの

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150828-lgm.jpg

 

 8月4日(火)からNHK BSプレミアムにてスタートしたNHKプレミアムよるドラマ『オンナミチ』に、Little Glee Monsterが出演していることは、彼女たちのファンならご存知のことだろう。リトグリがテレビドラマに出演するのはこれが初めてのこと。デビューから1年に満たない彼女たちが役者としても活躍することから、6月にこの情報が解禁されて以降、大きな反響を呼んでいる。

 『オンナミチ』はレコード会社のA&Rとして働く30代の独身女・山口梨花(片瀬那奈)が、「20年後の未来からやってきた自分」であると主張する50代のオバちゃん(渡辺えり)とともに、悲惨な未来を回避するべく人生の見直しを図るコメディ。8月4日の初回から全8回の放送が予定されており、8月18日(火)には第3話「スキャンダルは女の勲章?」がオンエアされたばかりだ。

 リトグリは劇中にて、梨花が手掛ける新人アーティスト「シュガーガールズ」として登場。路上やライブハウスでのアカペラ歌唱やパフォーマンスシーンで持ち前の歌唱力を如何なく発揮するほか、少ないながらもセリフがある場面もあり、女優としての片鱗も見せている。ちなみに第3話「スキャンダルは女の勲章?」ではシュガーガールズのメジャーデビューが決定し、劇中では今後本格的なデビューに向けて出演場面も増えていくのではないかと予想される。

      

「演技が歌に及ぼす化学反応ーーLittle Glee Monsterが初ドラマ出演で学んだもの」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版