>  > SCREEN modeが語る曲作りの美学

1stフルアルバム『Discovery Collection』インタビュー

SCREEN modeが新作で見せた曲作りの美学「スコアリングが良くないと音楽に魂が宿らない」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150717_s_3.jpg

 

「いろんな発見や出会いの積み重ねで、今のSCREEN modeがある」(勇-YOU-)

ーーアルバムで初登場した新曲は4曲。シングルと違って自由な曲作りができたと思うんですけど、この新曲に関しては?

雅友:1曲目の「Brand-new land」は新作ゲーム作品の主題歌なんですけど(*スマホ連動TCG『銀鍵のアルカディアトライブ』主題歌)、ゲームのチームがすごく信頼してくださって、僕らの考えるカッコいい曲を作ってくださいということだったので。前に進んで行く強さみたいな、幕開けにふさわしいものを出したいなと思って書きました。

勇-YOU-:このアルバムを集約するリード・トラックです。『Discovery Collection』=発見の収集というタイトルの中で、そのイメージを一番強く打ち出してるのがこの曲だなと思います。これまでシングルを何枚か出させてもらって、いろんな発見や出会いの積み重ねで、今のSCREEN modeがあると思うんですよ。過去の僕たちの歩みを踏まえて、雅友さんが言ったみたいに、前に進んで行く強さや力強さとか、疾走感を前面に出したのがこの「Brand-new land」ですね。

ーーライブ感、ばっちりあります。

勇-YOU-:ライブでも何回か歌わせてもらって、この間もカードゲームのイベントで歌ったんですけど、オーディエンスの反応も非常によかったので。これからライブで歌うのが楽しみな1曲ですね。

ーーそして3曲目に入ってる「LOVE and FAKE」。これはブラス・セクションをフィーチャーした、ソウル/ファンク系の曲です。

雅友:タワー・オブ・パワーみたいな。

ーーそっち系ですよね。こういう曲調をSCREEN modeがやるとは思ってなかったんですけど、めちゃカッコいいです。

雅友:何というのか、僕にとっては意外なんですよ。今回の取材を受けていて「ジャンルの幅が広いですね」と言われることが多くて、正直、「そうか?」と思うというか。

ーーというと?

雅友:僕としては、「やるよ、ファンクぐらい」という感じなので。僕の中ではそんなに振り幅を持たせた感覚はなくて、いくつかの選択肢の中から「こういうのがあったら面白い」という気持ちで書いたので。何て言うのかな……たとえば「LOVE and FAKE」はファンクですけど、「アメイジング ザ ワールド」の間奏にもハネた要素があったりとか、音楽っていろんな要素があるので、必ずしも今までのSCREEN modeの楽曲がロック一色だったか?というと、決してそうではないので。

ーーですね。それは確かに。

雅友:意外とつながってる感じはあるんですよ。だからこそ、やるんだったら徹底的にはっきりしたもの、「LOVE and FAKE」みたいに誰が聴いてもファンクだと思うという振り切り方は、あったほうがいいなとは思ってました。これはアニメソングだから、ここまでやっちゃうとお客さんがついて来れないんじゃない?みたいなものは、僕はやりたくなくて。「LOVE and FAKE」は、演奏してくれたミュージシャンも「すごいねこれ、カッコいいじゃん」ってみんな言ってくれて、「久しぶりにここまで熱くなって演奏したよ」って。

勇-YOU-:うれしいですね。

雅友:やる以上はそういうものを、ファンのみなさんにも聴いてもらいたいし。そういう意味での振り幅はあると思います。熱量という意味では。

150717_s_2.jpg

 

ーー振り切り方の問題ですよね。ジャンルの種類というよりは。

雅友:僕は何でも好きなんで。民族音楽も聴くし、前衛的なものも聴くので、そういう意味ではまだ全然はみ出してないですよ。「これぐらいの振り幅は楽勝であるよ」ということは、ファンのみなさんにも提示していきたいですね。そんなに簡単には退屈させないぞと。

ーーこの「LOVE and FAKE」は歌詞も振り切ってますね。セクシーな方向に(笑)。

勇-YOU-:「ワナガナCHANGE!」という曲があって、それも女性を誘惑して罠にかけるという歌詞だったんですけど。それよりももっとはみ出した楽曲で、攻めた単語を使うのはどうかな?と思っていた時に、こういうファンクの曲に合うんじゃないかな?と。

雅友:吐息を入れたりね。

ーーあそこ、ヘッドホンで聴いててドキッとしました(笑)。

勇-YOU-:男性が聴くとね(笑)。そこは無心で聴いていただければ(笑)。

雅友:無にならなきゃいけないんだ(笑)。あれはデモを作る時に「あったら面白いかな」と思って勇-YOU-に言ったら、賛成してくれて。でもいざレコーディングになったら恥ずかしくなったみたいで、なんか「オーイエー」とか無くてもいい台詞まで(笑)。

勇-YOU-:中途半端にね(笑)。

雅友:映画の吹き替えのベッドシーンみたいになっちゃって(笑)。「そういえばこの人、映画の世界の人だった」と思って(笑)。

勇-YOU-:声優としてのクセみたいな。吹き替えでも「オーイエー」は言わないけど(笑)。

雅友:何回かやり直してもらって。すごく面白かった。そういうことも含めて、やりたいことを一番詰め込めた楽曲ですね。「LOVE and FAKE」は。

ーーそしてアルバムの真ん中、8曲目に入ってるのが「ハジマルメロディ」。裏打ちのリズムの曲で、これもすごく新鮮に感じましたね。

勇-YOU-:レゲエですね。

雅友:僕がやりたかったのは、レゲエというジャンルというよりも、チルアウトなもので一息入れるという曲をやりたかったんですよ。このアルバムにはシングルのリード曲が多いので、圧の強い曲の連続になるから、途中で引き算の曲があるといいのかな?と。だからこの曲は、レゲエだとエレキギターが入るのが普通ですけど、あえて入れずにガットギターにして、リズムもチャカポコした可愛い感じにして。勇-YOU-にも「耳元で歌って聴かせるような優しい感じで歌ってみて」って、いろいろ試してもらって。そういう世界を作りたいというのが最初のイメージでしたね。勇-YOU-の歌声を聴いて、みんな昼寝しちゃうみたいな。

ーーアルバムのこの位置にあるのがまた、絶妙なんですよ。

勇-YOU-:ひとつ前の「月光STORY」はバラードだけど、その前の「marionette」「Bloody Rain」は押せ押せだから。そのあとに「ハジマルメロディ」が効くんですよね。

150717_s_5.jpg

 

ーーそういう曲ですけど、歌詞はかなりシリアスなメッセージ性もありますよね。

勇-YOU-:そうですね。好きな人の耳元で囁くような歌ですけど、僕なりの世界平和のメッセージというか、大きな世界を書きたいという気持ちがありました。笑顔になればみんな幸せになるよ、みたいなのは、きれいごとに聴こえるかもしれないけど。人間は汚いこと、辛いこと、悲しいこと、いろんなことがある中でも、笑顔をつないでいけば、希望の光を感じられるようになるんじゃないか?と思うので。それを優しく訴えかける曲になりましたね。2番の歌詞の“絶えない悲しいNewsに怒り…”のところに、特に思いが詰まっています。

ーーそして4つめの新曲が12曲目の「フラクタル」。これは6月7日の代官山UNITのライブで聴かせてもらいましたけど、シングル「アンビバレンス」と対になる曲ですか。

雅友:組曲みたいな感じですね。今は配信が主流になって、1曲ごとに評価されることが普通になったので、組曲を作る機会が減ってしまったんですよ。でも今回たまたま、「アンビバレンス」とつながる曲があったら面白いんじゃない?ということをみんなで話していて、導かれるように書いた曲なんですよね。「アンビバレンス」はめっちゃ時間がかかったんですけど、「フラクタル」は自然にできました。

ーーまったく違う曲ですけど、おもざしが似ているというか。

雅友:たぶんメロディの断片が似てるんですね。「アンビバレンス」とつながる曲だということを、どこかで匂わせたいなと思っていたので。

ーー歌詞も「アンビバレンス」を意識して?

勇-YOU-:そうです。お互いにいる場所が離れているけど、同じ空の下でつながっていて、それぞれの方向に向かって歩いて行けばまた出会うこともあるだろうというような歌なので。テーマは同じですね。

雅友:シングルでは書けないタイプの曲なのは、トップノート(最高音)が曲の最後まで出てこないんですよ。全体的に音域が低くて、行きそうで行けない、押さえつけられた思いのまま、歌も演奏も少しずつビルドアップしていって、最後の最後でバーンと感情のピークを迎える。そういう構成ってシングルではできないんですよ。アルバムじゃないとできない曲なので、そこをぜひ聴いて感じてほしいです。

勇-YOU-:結果、アルバムに新録の曲は、シングルとはまた違う曲ばかりになりましたね。

雅友:それは非常に意識しました。

ーー途中と、最後に入ってるインストもそうですよね。アルバムならではの。

雅友:そうです。最後に入ってる「~postlude~」は、1曲目「Brand-new land」のメロディを発展させて作ったものなんですけど、メロディを途中で断ち切るような構成にわざとなっていて。それは「まだ続きがあるよ」ということで、このアルバムは集大成ではなくスタート地点だから、あえて終わらせないという形にしたんですね。

ーーああ。なるほど。

雅友:インストだと、それが表現しやすいんですよね。

「SCREEN modeが新作で見せた曲作りの美学「スコアリングが良くないと音楽に魂が宿らない」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版