>  > マーク・ロンソン×DJ KAORI対談

マーク・ロンソン来日記念特別対談

マーク・ロンソン×DJ KAORI 日米のトップDJが語るクラブシーンの20年

関連タグ
DJ KAORI
CLUB
DANCE
DJ
HIPHOP
JPOP
R&B
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150416-mark.jpg

 ブルーノ・マーズをフィーチャリングしたシングル『Uptown Funk』が全米ビルボード・チャート首位を射止めたマーク・ロンソンが、去る3月下旬に来日を果たした。ニューアルバム『UPTOWN SPECIAL』にまつわる話はもちろん、今回は、ニューヨーク時代に数々のパーティを共にした盟友、DJ KAORIとのスペシャル対談をRealSoundで行った。日米を代表するトップDJ/クリエイターのふたりの濃密なトークをご堪能あれ。(渡辺志保)

――互いにニューヨークでDJ活動をしていたという共通のキャリアをお持ちですが、おふたりの出会いは?

マーク・ロンソン(以下、マーク):出会ったのは95~96年頃だったかな?

DJ KAORI(以下、KAORI):もう20年近くの仲になるんだね。マークと初めて知り合ったのはニューヨーク。その頃、本当に数え切れないくらい、同じパーティーでDJをしていたんです。

マーク:そうそう。その頃はKAORIのほかにストレッチ・アームストロング、ジュールス、マイティマイ、HIRO NYCにDJ MASTERKEY……いつも5~6人くらいのDJが集まって一晩中クラブで回していたよね。ひとつのジャンルにとらわれず、新譜のヒップホップ以外にもハウスやレゲエ、ダンスホール、ファンク、ディスコ、なんでもプレイしていた。とくにKAORIのDJプレイはいつも秀逸で、聴くのが楽しみだったよ。

KAORI:多いときは週に2~3回、同じパーティで回すこともありましたからね。振り返ってみると、当時のパーティの数こそとても多かったけれど、今みたいにたくさんのDJがいたわけではなかったから、本当によく働いたな、という感じです。

マーク:あの頃はいい時代だったね。お客さんは純粋に音楽を楽しみにクラブに来ていた。今じゃお客さんはフロアやVIPエリア、ソファ席なんかに散らばっているけど、あの時はフロアでひとつになってみんな一緒に踊ってたよね。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版