>  >  > 7!!のポップアイコンとしての存在感

アニメ『四月は君の嘘』のEDテーマ曲「オレンジ」が好調 7!!がみせるポップアイコンとしての存在感とは

関連タグ
7!!
J-POP
四月は君の嘘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150312_7_a.jpg

 7!!が2015年2月11日にリリースしたシングル「オレンジ」が好評だ。フジテレビ系で放送されている人気アニメ『四月は君の嘘』の第2クールエンディング・テーマとしても話題となり、iTunesトップソングアニメチャートでも3位を獲得。好調なセールスを記録している。「オレンジ」はボーカル・NANAEの美しい歌声と、バンドの作り出す無垢で切ないメロディーが印象的な一曲。“離れていても変わらない想い”をストレートに歌い上げたこの曲は、アニメ『四月は君の嘘』のメッセージとも共鳴し、音楽ファンのみならず多くのアニメファンにも愛される楽曲となった。

 ところでこの7!!だが、最近出演した音楽番組でのトークがネットを中心に話題になっているのをご存知だろうか。その音楽番組とは3月2日にテレビ東京系列で放送された「プレミアMelodix!」。「7!!と会ってると、こっちも楽しい気持ちになるよね〜」と語りかけたMCの南海キャンディーズ・山里に「本当ですか?さっき顔死んでましたけど」と天真爛漫なフックをかますMAIKO(Dr)。所属事務所の社長が無類の“走るのが好き”で、ツアー中も朝から10キロ以上走らされることもザラという驚きのエピソードや、MICHIRU(Gt)のひげ剃りに使う電気シェーバーの音に合わせてメンバーが楽屋でハモっている、という常人には理解し難い(?)エピソードも飛び出し、山里も感心することしきり。特に昨年12月に開催されたNAHAマラソン(7!!の故郷であり、今も在住している沖縄県で毎年12月に開催されるフルマラソン)に、社長に勝手にエントリーされ、MICHIRU(Gt)以外の全員が走るはめになったというエピソードには、会場からも感嘆の声が多く聞かれた。ちなみにこの時完走を果たしたのはNANAEのみだそう。32キロ地点付近を超えたあたりで、「走っている間辛くなると、自分がどうして生きているのかとか、生命の不思議とか考えさせられるんですよ〜」と、NANAEの天然発言も飛び出した。

 もともとバンドメンバーの仲の良さがにじみ出たトークには定評のある7!!。NANAEとMAIKOの女子2人の掛け合いは、見ていてとても和やかな気持ちになる。以前インタビュー現場で会った2人も、笑顔が絶えず楽しそうにガールズトークを繰り広げる、本当に等身大の20代の女の子たちだった。特にNANAEのほがらかで明るく、それでいて自分の思うことをちゃんと伝えよう、という一本筋の通った凛とした表情には、話をしていたこちらも魅せられてしまったのを覚えている。テレビなどで見せるトークの軽快さも、ただ天然で面白いということや、飾らないキャラクターに好感が持てるというだけではなく、“見ている人を楽しませよう”という彼女たちのエンターテイメント精神がしっかりと現れているように感じる。7!!の楽曲に共感する同世代の女子たちはもちろん、その他の層にも好感を持って受け入れられる理由が、この辺にあるような気がしてならない。

 3月にはRihwaのアコースティックツアーへの参加、高校生主催フェスへの参加など精力的にライブ活動をこなすだけでなく、NANAEが4月から木村カエラも輩出したtvk「saku saku」の6代目MCにも決定している7!!。バンドとしての進化を遂げながら、ポップアイコンとしての存在感を増すこれからの7!!が楽しみだ。

(文=岡野里衣子)

■リリース情報
『オレンジ』
発売:2015年2月11日(水)発売
【期間生産限定盤】ESCL-4365~4367 ¥1,667+税
※2015年3月31日までの期間限定出荷

1.オレンジ
2.オレンジ(アニメVer.)
3.オレンジ(Acoustic Ver.)
4.スタートライン(Acoustic Ver.)


TVアニメエンディング ノンクレジット映像収録

特典:特製缶バッジ×2個(アニメ絵柄&7!!絵柄)

【通常盤】ESCL-4368  \1,111+税

1.オレンジ
2.恋のレシピ
3.オレンジ(Instrumental)

初回仕様特典:ミニ・フォトブック

■新曲「オレンジ」リリックビデオ
http://youtu.be/piWFovtYZXM

■「オレンジ」着うた・着うたフル好評配信中
http://recochoku.com/s0/7oops_orange/

■オフィシャルHP
http://7oops.com/

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版