>  > EBiDANフォークデュオ・さくらしめじインタビュー

シングル『いくじなし / きのうのゆめ』インタビュー

EBiDANフォークデュオ・さくらしめじ登場「いちばん楽しいのは、できなかったことができたとき」

関連タグ
EBiDAN
JPOP
ギター
シンガー
フォークデュオ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150310-sakura3.jpg

田中雅功(左)と高田彪我(右)によるフォークデュオ、さくらしめじ。

 田中雅功と高田彪我による中学生ギターフォークデュオ・さくらしめじが、3月11日にシングル『いくじなし / きのうのゆめ』をリリースする。同デュオはスターダストプロモーションに所属する新人・若手俳優によるユニット「EBiDAN(恵比寿学園男子部)」の成長株であり、田中雅功の変声期を迎えた声と、高田彪我のハイトーンボイスが見事なコントラストを生み出している2人組だ。今回の作品はこれまでライブ会場でのみ販売していたCDを全国流通させたもので、疾走感のあるポップナンバー「いくじなし」と、若い二人の可愛さがにじみ出るバラード「きのうのゆめ」の2曲入りとなっている。今回リアルサウンドでは、2人にインタビューを実施。ギターを手にしたきっかけや、それぞれの人間性、普段聴いている音楽まで、存分に語ってもらった。

「今までわからなかったものがわかると面白いじゃん」(ガク)

――2月15日のサンストリート亀戸でのライブを終えてみてどうですか?

田中雅功(以下、ガク):亀戸ではお客さんがすごくたくさんいて、楽しかったです。ステージに立って、「多い!」と思って。緊張したんですけど、ライブをやっていくうちに楽しくなってきて、いいライブができたのかなって思います。

高田彪我(以下、ヒョウガ):ほかの「EBiDAN(恵比寿学園男子部)」のグループの子も出ていて、そのグループのファンの方たちともライブを楽しめたので、良かったです。

――ライブでは、スピッツの『チェリー』をカバーしていましたね。普段はどんな音楽を聴いているのでしょうか。

ガク:ぼくは、クリープハイプさん、パスピエさん、andropさんなどです。車のラジオで流れてきたクリープハイプさんの曲を「いいな」と思って好きになってから、どんどん周りのバンドも好きになってきました。

ヒョウガ:ぼくはゲスの極み乙女。さんとか。ガクから教えてもらうこともあれば、ポールさん(ディレクター)にも「こういうバンドがあるから聴いてみて」って言われることもあります。

――ふたりが歌うときに、参考にしている人や憧れの人は?

ガク:えっと、歌い方というより、歌ってる姿をマネしているのは、尾崎世界観さん(クリープハイプ)ですね。かなり影響を受けています。

――ユニットを組む前からEBiDANの中でお互いがすでに出会っていたわけですが、初めはお互いどんな印象だったか教えてください。

ヒョウガ:最初は、ガクってしっかりしてると思ってたんですけど、さくらしめじとして活動しているうちに、たまにおっちょこちょいというか。キノコみたいにジメジメしてるときがあって。

ガク:ジメジメ!?

ヒョウガ:じゃあ、おっとりしてるってことで(笑)

ガク:ぼくが最初にヒョウガを見たのは、初めてレッスン場に行ったときでした。ドアを開けたら、先にEBiDANに入ってたヒョウガがすごい勢いで走ってて「すごい子がいるな」と思ったのが出会いでした。ヒョウガもすごくしっかりしてると思ったんですけど実際はゆったりしてるので、お互い似てるのかもしれません。

――ユニット名が「ガク&ヒョウガ」から「さくらしめじ」に変わったとき、どう思いましたか?

ガク:「さくらしめじ」って映像で見たときに、すごくかわいくて印象に残りやすい名前なので、「いい名前だな」と思いました。

ヒョウガ:ぼくも思いました。いきなり決まったんですよ。なので、すごくびっくりして。でも、「さくらしめじ」ってすごく聞きやすいというか、覚えやすい名前で嬉しかったです。

――学業をしながらアーティスト活動をされているお二人ですが、両立はやはり大変でしょうか。

2人:テストが……。

ガク:もうすぐ定期テストがあるんですけど、最近テスト勉強をしてたら、好きじゃなかった教科が好きになってきて……。

ヒョウガ:そんなことってあるの!?

ガク:あるよ。今までわからなかったものがわかると面白いじゃん。数学は前から好きだったんですけど、図形が苦手だったんですよ。でも、最近「そういう仕組みだったのか」ってわかってきて。今日もちょうど数学の試験があったんですけど、出来はまぁまぁ良かったです。

ヒョウガ:(小声で)えぇー!?

――一じゃあ、正反対の反応をされている、ヒョウガさんはどうですか(笑)。

ヒョウガ:数学は好きになれないですよね(笑)。図形とか解けると楽しいけど、すぐ忘れちゃうんですよね、解き方。あの、弦と弧の問題あるじゃないですか。その解き方が良くわかんないです。

――じゃあ、どちらかといえば文系?

ヒョウガ:文系もそんなに……。

――勉強はあまり好きじゃないと。

ヒョウガ:そうですね。音楽は記号とかありますよね。それを覚えるのが大変で……。

――暗記が嫌いなんですね(笑)。

ガク:たしかに、ヒョウガは暗記嫌いかも。

ヒョウガ:嫌いでもないけど、好きでもないです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版