>  >  > SIONが進化し続ける理由

SIONがデビュー30周年を迎えても立ち止まらない理由 福山雅治らがリスペクトする世界観とは?

関連タグ
SION
JPOP
ROCK
シンガー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150304-sion.jpg

 2015年にデビューから30周年を迎え、記念すべき最新アルバム『俺の空は此処にある』を3月4日にリリースするSION。デビュー当時から、今も唯一無二の存在感を放つ彼は今も幅広い年代のファンだけでなくミュージシャンからも高い支持を受けている。

 ロックバンド・ブームの最中1985年に自主制作盤『新宿の片隅で』で“世の中に姿を現した”。まだネットもスマホも無い時代、雑誌で偶然見かけたSIONの姿は失礼ながらまるで新宿に住むホームレスのようで、その存在感は個性的なロックアーティストが台頭していた中でも一際異彩を放っていた。

 初めて動いているSIONを見たのと歌声を聴いたのは同時だった。1987年に開催された広島平和記念コンサートのテレビ中継でのことだ。椅子に腰かけ、首からハーモニカホルダーを下げて身をよじりながら歌う「コンクリートリバー」(1986年『SION』収録)。“生まれたその時から もう死に向かって走りつづけてるのかい”と絞り出すかすれ声は、お茶の間で見られる歌番組からは聴こえてこない歌声であり、昆虫のようなサングラスの下から観客を覗く目つきには何かいけないものを見た気さえしたものだ。

 特徴的な歌声と誰にも似ていない独特のボキャブラリーを感じさせる歌詞の世界は多くのミュージシャンからも支持されている。特に有名なのが福山雅治との交流だろう。「SORRY BABY」「ノスタルジア」を福山がカバーしているのをはじめ、SIONのデビュー20周年記念シングル「たまには自分を褒めてやろう」「曇り空、ふたりで」ではそれぞれボーカルとギターで福山が参加、編曲も手掛けている。福山の主演によるNHK大河ドラマ『龍馬伝』に俳優としてSIONが出演したことも話題となった。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版