>  >  > 嵐、相葉雅紀のカラーはなぜ緑?

嵐、相葉雅紀のイメージカラー“緑”の意味は? グループでの役割とキャラクターに迫る

関連タグ
アイドル
ジャニーズ
松下博夫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140201-aibachan.jpg

デビューから15年が経った現在もフレッシュな印象を抱かせる相葉雅紀。

 嵐のメンバーは、それぞれのイメージカラーが概ね決まっている。時期によって多少変化があったものの、現在は櫻井翔が赤、相葉雅紀が緑、二宮和也が黄色、松本潤が紫、そして大野智が青となっているようだ。当コラムではこれまで、大野智のイメージカラー“青”、櫻井翔の“赤”、二宮和也の“黄”、そして松本潤の“紫”について、グループ内での役割とキャラクターを分析してきた。

参考1:嵐・大野智のイメージカラー“青”の持つ意味とは? グループでの役割とキャラクターに迫る
参考2:嵐、櫻井翔のイメージカラー“赤”の意味は? グループでの役割とキャラクターに迫る
参考3:嵐、二宮和也のイメージカラー“黄”の意味は? グループでの役割とキャラクターに迫る
参考4:嵐、松本潤のイメージカラー“紫”の意味は? グループでの役割とキャラクターに迫る

 シリーズの最終回となる今週は、相葉雅紀のイメージカラーである“緑”が、何を意味するのかを考察したい。

 ジャニーズ内で相葉と同じく緑を割り振られたメンバーには、SMAPの香取慎吾、TOKIOの城島茂、NEWSの加藤シゲアキ、関ジャニ∞の大倉忠義らがいる。穏やかで優しい性格のメンバーが揃っている印象で、言ってみれば緑は“癒し”を象徴しているかのように思える。しかし、ジャニーズの動向に詳しい芸能ライターの佐藤結衣氏は、緑のメンバーの魅力はそれだけではなく「一度好きになると、深くハマってしまうファンが多い傾向がある」と指摘する。

 佐藤氏によると、嵐に惹かれた多くの人々はまず、キャスターや司会なども務める櫻井翔や、TVドラマなどでも華やかに映る松本潤などのファンになる。その後、ハード・ゲーマーで風変わりな性格でありながら、実力派の俳優としても知られる二宮和也や、歌やダンスのスキルが突出していて芸術家肌の大野智の才能に惹かれていくという。しかし相葉の場合、ほかの4人と比較すると、なにか突出した特技があるわけではない。歌やダンスも飛び抜けて得意な方ではなく、ドラマ主演もほかのメンバーより遅いほうだった。ところが、嵐のファンになればなるほど、最終的に深く好きになるのは相葉なのだという。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版