>  > AKB峯岸&加藤がグループの今後語る

『DOCUMENTARY OF AKB48』最新作Blu-ray&DVD化記念インタビュー

「私は2年後、AKB48にいない」峯岸みなみと加藤玲奈が明かす、グループの世代交代と今後

関連タグ
AKB48
JPOP
アイドル
映画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20141107-akb1.jpg

峯岸みなみ(左)と加藤玲奈(右)。(写真=竹内洋平)

 AKB48の活動を追ったドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』が、11月7日にBlu-rayとDVDでリリースされる。同作は2014年7月4日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国128館で公開し、大ヒットを記録した『DOCUMENTARY OF AKB48』シリーズの最新作をパッケージ化したもの。初期メンバーの卒業や次世代メンバーの成長によって加速する世代交代、大波乱の結果に終わった2013年の選抜総選挙、2014年の大組閣、そして先日行われた「37thシングル選抜総選挙」も収録された密度の濃い内容に仕上がっている。今回リアルサウンドでは、劇場版公開時に行った柏木由紀、島崎遥香、高橋みなみ、渡辺麻友のインタビュー(参考:AKB48渡辺麻友ら中心メンバーが明かす、最新グループ事情「大組閣後、良い方向に向かっている」)に続き、同作でも頻繁に登場する「新生チーム4」のキャプテン・峯岸みなみと、メンバーの加藤玲奈にインタビューを実施。大島優子の卒業がグループに与えた影響や、チーム4を率いる上での期待と苦悩、そして峯岸には自らの“卒業”をテーマに大いに語ってもらった。

「私にとってのAKB48は、前田さんがいて優子さんがいるグループでした」(加藤)

――『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』は、シリーズ第4作目にあたり、2013年~2014年前半などが収められています。今作で特に印象に残っている部分はどこでしょう?

峯岸みなみ(以下、峯岸):この作品では大島優子の卒業が描かれていますが、やはりメンバーからしても優子の卒業は大きくて…。初期のころからいる私たちや、後輩メンバーにとってもかなり影響を受けた存在である優子の卒業ということに対する他メンバーの反応も見て欲しいです。

加藤玲奈(以下、加藤):私にとってのAKB48は、前田(敦子)さんがいて優子さんがいるグループでした。だから、前田さんの卒業もショックでしたし、優子さんの卒業を聞いたときは、AKB48の顔がいなくなってしまう気がして、これからもグループを盛り上げていくためにはどうすればいいか」と考えるようになりました。

――今作では、前作に収録されている「チーム4の解体」のその後、「新設チーム4の結成」もひとつのテーマとして描かれています。“峯岸チーム4”を除いた、正式なチーム4として解体と結成を経験した加藤さんがどう感じているのか教えてください。

峯岸:それ聞いたことない。れなっち(加藤)、どうなの?

加藤:(チーム4解体について)どういう理由か明確なことは知らないんです。でも、前のチーム4では色んなことを学ばせてもらったし、9期生の先輩もいました。旧チーム4やチームBは先輩についていくという形だったのですが、新しいチーム4は、後輩が多いチームなので、「自分がメンバーとして、プラスになることができるのか? 本当に私でいいのか?」という不安な気持ちだったこともありました。

20141107-akb3.jpg

新生チーム4のキャプテンとして活躍する峯岸。(写真=竹内洋平)

――今はどうでしょう。

加藤:後輩とコミュニケーションを取れるようになったし、一人ひとりと話していると「この子はこういう悩みを抱えてるんだな」と分かるようになってきました。後輩を見ていても、パフォーマンスの躍動感や元気さなど、自分に足りないものを沢山持っているので、学ぶことは沢山ありますね。

峯岸:れなっちはすごく正直な子なので、考えが透けて見えるというか、ある意味で分かりやすい性格なんだろうなって思っています。“峯岸チーム4” は、全員研究生から始まってがむしゃらにやってきたので、そこに新たに「新生チーム4」として入ってきたメンバーは戸惑うだろうし、前のチーム4を知っているぶんその頃の感覚を引きずっている部分もありました。れなっちがやる気を持ってくれてるのは伝わる。彼女は全力で踊っていても、そう見られないことが多いんですが、チーム4で一緒にやるようになってから、れなっちの汗を見る回数が増えた気がするので、嬉しく思います。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版