>  > ポルノ、15周年記念ライヴレポ

横浜スタジアム『横浜ロマンスポルノ’14~惑ワ不ノ森~』レポ

ポルノグラフィティ、15周年記念ライヴで3万人が一体に ファンからのサプライズ演出も

関連タグ
ポルノグラフィティ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140924-poruno-01th_.jpg左、岡野昭仁。右、新藤晴一。

 ポルノグラフィティが9月21日、横浜スタジアムにて結成15周年を記念するライヴ『横浜ロマンスポルノ’14~惑ワ不ノ森~』を行い、約3万人の観客を前に貫禄のパフォーマンスを披露した。

 ライヴ開始と同時に、ステージ脇に設置された巨大スクリーンでは『まんが日本昔ばなし』を思い起こさせるアニメーションが映される。「まどわずのもり」と題されたその物語は、心に迷いがあるとその森の中で一生彷徨うことになる、という教訓めいたお話。そして「まどわずのもり」に入って20年経っても出てきていない人物として、ポルノグラフィティの2人のシルエットが映ると、彼ららしいユーモアの効いた演出に、客席からは大きな笑いが起きた。

 会場に鳴り響くビートに合わせ、ピンクのジャケットに身を包んだボーカル・岡野昭仁がステージに登場すると、1曲目にして彼らの代表曲のひとつ「アポロ」を熱唱。3万人の観客は揃って手を振り、早くも大きな一体感に包まれた。岡野が「“惑ワ不ノ森”へようこそ! 会いたかったよ!」と叫ぶと、大きな歓声があがった。

20140924-poruno-02th_.jpg新藤晴一のギタープレイも絶好調だった。

 序盤、ストレートなロックナンバーが続いた後は、この日のサポートメンバーであるホーン・セクションが活躍する「ダリア」「痛い立ち位置」を披露。厚みのあるサウンドが、横浜スタジアムに響き渡る。そして、だんだんと日が暮れる中、昭仁の「この夏にさよならをしよう」という呼びかけとともに「グッバイサマー」が演奏された。その後は「ラビュー・ラビュー」「黄昏ロマンス」と、しっとりとしたバラード曲が続き、会場はロマンチックな雰囲気に包まれた。

20140924-poruno-03th_.jpgセンターステージでは、より観客と近い距離でパフォーマンスを披露。

 その後、ポルノグラフィティの二人は「儀式」と呼ばれるコール&レスポンスのパフォーマンスをしながら、“惑ワ不ノ森カー”に乗って会場後方に設置されたセンターステージへと移動。9月3日にリリースされたばかりの新曲「俺たちのセレブレーション」と、「PRISON MANSION」を歌い上げた。

      

「ポルノグラフィティ、15周年記念ライヴで3万人が一体に ファンからのサプライズ演出も」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版