>  > ピープルAL&SG同時リリース決定

People In The Box、ツアーファイナルでAL&SG同時リリース発表 バンド初のアニメタイアップも

関連タグ
People In The Box
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140602_pitb.JPG中野サンプラザホールでライブを行うPeople In The Box。

 People In The Boxが8月6日にニューアルバム『Wall,Window』とニューシングル『聖者たち』の2作品を同時発売することがわかった。これは5月31日に行われた東京・中野サンプラザホールでのツアーファイナル公演にて発表されたもの。

 また、シングル『聖者たち』は、TOKYO MX他にて7月より放送開始する、TVアニメーション『東京喰種トーキョーグール』のエンディングテーマに決定しており、自身初のアニメタイアップとなったこともあわせて発表した。

 People In The Boxは、4月4日より全国16カ所を回って来た全国ツアー『“空から降ってくる vol.7~空想する春のマシン~”』のファイナル公演として、5月31日に中野サンプラザホールでのライブを終えたばかり。

 静寂の中に鐘の音がこだまするとメンバーが登場し、「ストックホルム」でライブがスタート。1曲目の曲間には拍手が起き、そこに波多野(Vo)は「ツアーファイナルだ」と今日までの充実したツアーの集大成になるこのファイナル公演のスタートに声を上げる。

 続けて、「時計回りの人々」「潜水」「はじまりの国」と新旧を織り交ぜた楽曲を披露。和やかなMCを挟んだ後は、ギターをかき鳴らす「市民」で会場の雰囲気を一変させ、アップテンポなナンバーで畳み掛けていった。

 ステージに、天まで届くような“大きな木の幹”のようなセットが現れると、メンバーから新曲を披露するアナウンスが入り、ピアノの旋律が心地良い「もう大丈夫」、バンドのグルーヴ感を体感できる「さまよう」、ポップな歌詞が印象的な「おいでよ」と3曲をパフォーマンス。

 続けて、メンバー3人が醸し出す世界観を象徴するかのような「ブリキの夜明け」、「マルタ」、「気球」、「八月」で観客を惹き込み、ここで、恒例となった山口(Dr)のグッズ紹介を兼ねたMCを挟む。そしてライブ終了に向け、「ニムロッド」、「完璧な庭」、「球体」、「鍵盤のない、」とアグレッシブなナンバーを披露し、ライブを加速していく。そして、「JFK空港」。“動から静へ”という世界観で一気にPeopleIn The Boxワールドに再度惹き込んだところで本編が終了した。

 観客の拍手に呼び込まれ、メンバーが再度ステージに現れると波多野は、「今日は本当に楽しいです」、福井(Ba)も「このツアーを終わりにしたくない」、Dr山口も「今日来てくれたことにとても感謝してます!」とそれぞれコメントし、メンバー紹介後に、アンコールに突入。アンコール1曲目は、「ダンス、ダンス、ダンス」、そして「開拓地」「旧市街」と攻めの楽曲で観客を圧倒し、ダブルアンコールとなった「ヨーロッパ」を披露し、終了した。

 ダブルアンコール終了後も、観客からのトリプルアンコールが起こる中、突然、会場のモニターにニューアルバム&ニューシングル発売とシングルのタイアップ決定を告げる映像が映し出される。突然の発表に会場のテンションは爆発し、大歓声が会場内にこだました。
(文=編集部)

■「空から降ってくる vol.7 〜空想する春のマシン〜」セットリスト
1.ストックホルム
2.時計回りの人々
3.潜水
4.はじまりの国
5.市民
6.金曜日 / 集中治療室
7.冷血と作法
8.もう大丈夫
9.さまよう
10.おいでよ
11.ブリキの夜明け
12.マルタ
13.気球
14.八月
15.ニムロッド
16.完璧な庭
17.球体
18.鍵盤のない、
19.JFK空港
EN1.ダンス、ダンス、ダンス
EN2.開拓地
EN3.旧市街
EN4.ヨーロッパ

■リリース情報
アルバム『Wall, Window』
発売:8月6日
価格:¥2,700(税込)
〈収録曲〉
1.翻訳機
2.影
3.手紙
4.さまよう
5.花
6.おいでよ
7.馬
8.もう大丈夫
9.あの頃
10.月
11.風が吹いたら

シングル『聖者たち』
発売:8月6日
※TVアニメ「東京喰種トーキョーグール」エンディングテーマ
全3曲収録予定

「People In The Box、ツアーファイナルでAL&SG同時リリース発表 バンド初のアニメタイアップも」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版