>  >  > ももクロがヒップホップに挑戦したワケ

ももクロ新曲に鎮座DOPENESSら参加 ヒップホップ界の鬼才を起用した意味とは?

関連タグ
ももいろクローバーZ
鎮座DOPENESS
JPOP
アイドル
ヒップホップ
ブレイクビーツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ももいろクローバーZが主題歌を担当する映画『偉大なる、しゅららぼん』の最新予告映像が1月22日にYouTubeにて公開され、最近の王道的なポップソングとは異なる、ヒップホップを採り入れた音楽性に注目が集まっている。

映画 『偉大なる、しゅららぼん』 主題歌版予告編

 主題歌となる「堂々平和宣言」は、作詞を鎮座DOPENESS、作曲をMICHEL☆PUNCH、KEIZOmachine!(HIFANA)、EVISBEATSの3人が共同で手がけている。いずれもヒップホップ・ブレイクビーツ界隈で高い評価を得ているミュージシャンだ。鎮座DOPENESSは、こぶしの効いたフロウと遊び心のある言葉選びが特徴的なラッパーで、『ULTIMATE MC BATTLE GRAND CHAMPION SHIP 2009』で優勝するなど、その実力も折り紙付き。HIFANAのKEIZOmachine!は、サンプラーをリアルタイムで叩いてビートを生み出す「人力ブレイクビーツ」の名手として知られている。DVD-Jなどの最新音楽機材を駆使した、視覚的にも楽しめるパフォーマンスは海外でも評価が高く、NIKEとのタイアップ企画なども行っている。鍵盤奏者のMICHEL☆PUNCH、トラックメイカーのEVISBEATSも、先端的な音楽性を持ち、日本のクラブシーンでは名の知れた存在だ。

KEIZOmachine!による「人力ブレイクビーツ」

 アイドルソングとしては異例とも言える製作陣となった今回の楽曲の方向性について、アイドルカルチャーに詳しいライター・物語評論家のさやわか氏は次のように語る。

「『堂々平和宣言』は、映画のために作った新曲ということで注目を集めていますが、シングル曲ではないので、そこまでキャッチーな方向に振る必要はなかったのかもしれません。ももクロはシングル曲でこそキャッチーな楽曲をリリースしていますが、アルバム収録曲では今回のように尖った楽曲を披露し、その音楽性の幅広さを確保してきました。『5TH DIMENSION』には、いとうせいこうが作詞し、MUROらが作曲した『5 The POWER』という、日本のヒップホップの文脈をきちんと押さえた楽曲も収録されています。今回の新曲は、そういった流れを汲んだ作品で、アイドルソングとしてはたしかに珍しいですが、ももクロとしては大きな方向転換をしたわけではないと思います。アルバムに収録しているような尖った楽曲が、映画の主題歌として目立つ形で世に出たため、新鮮に感じる人が多くなっている、というのが実情ではないでしょうか」

 ただ、今回の楽曲は、さらに深読みすることも可能だとさやわか氏は続ける。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版