>  >  > ジャニーズ新人のブレイクを支える作曲家

ジャニーズ新人を支える「ヒット請負人」 作曲家・馬飼野康二の功績を探る

関連タグ
西城秀樹
KinKi Kids
近藤真彦
光GENJI
SMAP
KinKi Kids
KAT-TUN
NEWS
アレンジャー
ジャニーズ
作曲家
北濱信哉
小杉理宇造
馬飼野康二
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20131106johnnys.jpg

ジャニーズの名曲を数多く手掛けてきた馬飼野氏。最近ではSexy Zoneの「Real Sexy!」やHey! Say! JUMPの「Come On A My House」なども手掛けた。

 デビュー早々にチャート1位を記録しトップアイドルの仲間入りを果たすジャニーズの新人アイドルたち。ジュニア時代から手塩にかけて育てた彼らの門出を華々しいものにするため、デビュー曲には一際クオリティの高いものが選ばれる。そこで必ずと言っていいほど登場するのが作曲家・アレンジャーである馬飼野康二氏の名前。彼こそがジャニーズアイドルのきらびやかなデビューを支える「ヒット請負人」なのだ。

 馬飼野氏は日本を代表する職業作家。その名前を知らずとも西城秀樹の「傷だらけのローラ」やKinKi Kidsの「愛されるより愛したい」を手がけた人物と言われればピンとくる方も多いだろう。同氏は1967年に「ブルー・シャルム」というグループでCBSソニーからデビュー。4枚のシングルをリリースした後、1970年にグループを解散。その後、1970年に西城秀樹「チャンスは一度」の編曲を皮切りに職業作家の道をスタートさせた。当時は歌謡曲のほかにもアニメ(「エースをねらえ!」「ベルサイユのばら」等)や映画、CMなど様々なジャンルの作曲・アレンジを手がける売れっ子ミュージシャンであった。

 そんな彼がジャニーズの楽曲を手がけるようになったのは近藤真彦の紅白出場曲「ケジメなさい」がきっかけ。元々「ブルー・シャルム」時代に現ジャニーズ事務所顧問、ジャニーズ・エンタテイメント代表取締役社長の小杉理宇造氏とバンドを組んでいたこともあり、親交のあった小杉氏はすでに職業作家として実績を積んでいた馬飼野氏に楽曲を多く依頼するようになる。近藤真彦「ギンギラギンにさりげなく(編曲)」や光GENJI「勇気100%(作曲)」、SMAPの「しようよ(作曲)」など誰もが耳にしたことのあるようなジャニーズの楽曲を手がけているのも実は馬飼野氏なのである。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版