三浦翔平、千鳥・ノブをも虜に トリンドル玲奈が『わた婚』で魅せた“モテ力”を分析

トリンドル玲奈の“モテ力”を分析

 「天使に見えてきた……」

 三浦翔平を思わずつぶやかせたのが、『私たち結婚しました 2』(ABEMA/以下、『わた婚2』)で、浅香航大と結婚生活を送っているトリンドル玲奈である。

 本番組は、韓国で大ヒットした結婚モキュメンタリーを日本版にリメイクしたもの。もしも、あの芸能人が結婚したら……という“if”の世界を、のぞき見ることができる。妄想と現実が入り混じり、不思議な感覚に陥る恋愛番組だ。

 現在、期間限定の結婚生活を送っているのが、浅香航大&トリンドル玲奈、塩野瑛久&足立梨花の2組。これまで、2組の夫婦は、数々の胸キュンシーンを生み出してきた。

 そのなかでも、本稿ではトリンドルの天使すぎる行動をピックアップ。視聴者のみならず、千鳥のノブや、三浦翔平などスタジオ陣をも魅了する“モテ力”を分析していきたい。

「唇にします?」に、浅香もタジタジ! 積極的な発言の連発

 2人が初対面を果たした日、「誓いのキスをしてください」とのラブミッションが届いた。いきなりの急展開に驚きつつも、「ほっぺたにしときます? 唇にします?」とトリンドルがリード。この大胆発言を受けた浅香は、「まあまあ、そうですね……。はじめましてなので、ほっぺたくらいにしておきます?」とタジタジに。その後「(キスの場所は)手の甲くらいかと思ってたんですけど(笑)」と照れながら明かしていたほどだ。相手の予想を超える積極的な発言が、男性をドキッとさせる魅力につながっているのかもしれない。

 さらに、「1日の締めくくりに、妻へ愛のおもてなしをしてください」というラブミッションが届いた時も、トリンドルの小悪魔テクニックが炸裂した。少し照れ屋な浅香は、ハグでおもてなしをすることを選択。するとトリンドルは、「ハグがおもてなしなの……?」と上目遣いで“おねだり”をしたのだ。MCのノブも思わず、「チューしたがってるやん!」とツッコミを入れる。ただ、直接的な言葉を口にしないのが、彼女の小悪魔さなのである。間接的な“おねだり”に応えて、浅香がおでこにキスをすると、「妻、うれしかった」と一言。満面の笑みで、夫を翻弄していた。

少女のような天真爛漫さに、スタジオ陣メロメロ

 夜の水族館デートをした時のこと。トリンドルは、クリオネの水槽を眺めながら、「来世、この子でもいいかも……」と少女のように目を輝かせる。そして、急に浅香に視線を移したかと思えば、「一緒にクリオネになる?」と可愛すぎる質問を投げかけたのだ。

 あまりの可愛さに、「出会えるかなぁ。こんなにいっぱいいて」とはにかむ浅香。一方、MCの三浦翔平は、「なる……」と即答していた。ノブも言っていたが、「いまのどういう意味!?」と考え込んでしまう不思議発言に、周囲はいつの間にか惹き込まれてしまうのかもしれない。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる