自撮り1000枚をNFT化し、1億円以上売り上げる ワクチン接種時の写真が人気に

NFT化した自撮り1000枚が1億円に

 インドネシアの大学生が、自撮り画像1000枚をNFTとして販売し、計100万ドル(約1億1400万円)以上を売り上げている。

 コンピューターサイエンスを学ぶスルタン・グスタフ・ゴザリ氏は、18歳から22歳までの5年間、ほぼ毎日パソコンの前で自撮り写真を撮り続けたという。そして大学生活の振り返りとして、それらの写真をタイムラプスにする計画だったようだ。しかしその後ブロックチェーンテクノロジーとメタバースについて学び、NFTとして販売することを思いついた。 

 ゴザリ氏は「コレクターの1人が僕の顔を集めたらおもしろいと思った」と語っているが、「僕の写真がほしい人はいないだろう」と考え、各写真は3ドル(約350円)で販売することにしたという。ところがTwitterに218万人のフォロワーを擁する有名シェフ、アーノルド・ポエルノモ氏がこのNFTを購入し、Twitterに投稿。その結果ゴザリ氏のNFTは大注目を浴びることとなり、一部は約3000ドル(約35万円)の値をつけるなど、“ゴザリ現象”が巻き起こった。

ゴザリ氏のOpenSeaより
ゴザリ氏のOpenSeaより
ゴザリ氏のOpenSeaより
ゴザリ氏のOpenSeaより
ゴザリ氏のOpenSeaより
ゴザリ氏のOpenSeaより

 下記の写真は、2回目のワクチン接種の際に撮影されたものだという。撮影の背景に言及しているものは、特に人気が高くなる傾向にあるようだ。

 フランスの通信社「AFP」によれば、ゴザリ氏は現在、自身のアニメーションスタジオを開くことを計画しているとのこと。“ゴザリ現象”は、彼の夢の実現に大きく貢献することだろう。

(画像=ゴザリ氏のOpenSeaより)

〈Source〉
https://opensea.io/collection/ghozali-everyday
https://cointelegraph.com/news/22-year-old-indonesian-boy-makes-1m-by-selling-nft-selfies-on-opensea
https://www.vice.com/en/article/4awn3m/indonesia-nft-crypto-bitcoin-ghozali



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる