『ディスクロニア: CA』に速水奨・奥野香耶の出演が決定 前作の新規展開も発表

『ディスクロニア: CA』に速水奨が出演

 MyDearest株式会社(以下・MyDearest)は11月30日配信の「アルトデウス: BC 1周年記念パーティー」にて、『DYSCHRONIA: Chronos Alternate(以下・ディスクロニア: CA)』の新情報を発表した。

速水奨・奥野香耶の出演が決定

 『ディスクロニア: CA』のアルバート・ラムファード役に速水奨の出演が発表された。前作『アルトデウス: BC』で威厳ある司令官・デイターを演じた速水だが、今作ではストーリーの鍵を握るアルバート博士役として『ディスクロニア: CA』に出演する。

 さらに、今作の主人公であるハル・サイオンの幼少期役として、奥野香耶の出演も発表。『アルトデウス: BC』ではコーコ ココノエ役として盲目の少女を演じていた奥野だが、今回は少年役を務めることになる。

 なお『ディスクロニア: CA』ではクラウドファンディングを実施しており、支援の受付締め切りが本日11月30日の23:59となっている。終了まで残り3時間を切っているので、興味のある方はアクセスしてみるといいだろう。『ディスクロニア: CAが100倍楽しくなるパンフレット CAMPFIRE Edition』が手に入る1500円のコースや、ゲームのダウンロードコード・キャンバスプレミアムアート他、多数のグッズが手に入る24800円のコースなど、複数のコースから選んでの支援が可能になっている。作品の「制作共犯者」となるチャンスだ。

サウンドストーリー企画「Project コーコ」が始動

 また、前作『アルトデウス: BC』においても新展開としてサウンドストーリー企画「Project コーコ」の始動が発表された。盲目の少女「コーコ ココノエ」の物語をサウンドノベル形式で届けるプロジェクトで、ユーザコミュニティ「クロノスアジト」と共同で盛り上げていくという。

 シナリオには代表作に『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』『安達としまむら』などを持つ入間人間が起用され、『アルトデウス: BC』の新しい物語を作っていくということだ。本企画にはディスコード内チャンネル「クロノスアジト」への加入で参加できる。

YouTubeアニメの制作が決定

 さらに「クロノスユニバース」シリーズの新作コンテンツとしてYouTubeアニメ『僕達しかいない世界で。』の制作が決定。2022年1月中旬より連載が開始される予定だ。現在、YouTubeチャンネルではティザームービーが公開されている。

■『ディスクロニア: CA』クラウドファンディングページ
https://camp-fire.jp/projects/view/477599
実施期間:〜2021年11月30日(火)23:59

■『DYSCHRONIA: Chronos Alternate』公式サイト
https://dyschroniaca.com

■ユーザー参加型共犯者コミュニティ「クロノスアジト」
https://chronos-universe.com/lp/chronosagit/

■YouTubeチャンネル「僕達しかいない世界で。」
https://www.youtube.com/channel/UCMeLFkOdTluypeD39nqpeAA

©Project DYSCHRONIA. ©MyDearest, Inc. All Rights Reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる