通話ができない改造iPhone Xが1000万円で落札 世界初のUSB Type-Cポートを搭載

USB-C搭載の改造iPhone Xが1000万円で落札

 NFTやレトロゲームなどが高価で取引される事例が昨今話題になっているが、この度通話ができないiPhone Xが8万6000ドルで落札されたというニュースが話題になっている。

(画像=Kenny PiのYouTube)

 このiPhone Xは、ロボット工学専攻の学生であるKenn Pillonel氏が改造したもの。なぜこちらのiPhoneが高額で落札されたかというと、なんと世界初のUSB Type-Cポートが搭載されているからだ。iPhoneは通常、アップルが独自開発したLightningコネクターを使用しており、USB-Cを搭載することを希望しているユーザーも少なくはない。通話機能と引き換えにUSB-Cを搭載したiPhoneはそれほどまでの需要があったということなのだろうか。

(画像=Kenny PiのYouTube)

 オークションは1ドルから開始したが、オークションが進むにつれ、すぐさま1000ドルから10万ドルにまで上昇。10日目の入札最終日でも競り合いが続き、最終的な落札価格は8万6001ドル、日本円にして約980万円にまで高騰した。

 Kenn Pillonel氏は、「空想のガジェットを市場に出すために作った」と語っており、今回のオークションで得た利益を全て研究費として使用する予定だという。

(画像=Kenny PiのYouTube)

(Source)
https://nerdist.com/article/iphone-x-usb-c-ebay-auction-86000-dollars/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる