10万円で買える中国産の“世界一安いEV”、米国で売れ行き好調

中国産の“世界一安いEV”が米国で人気

 “世界一安いEV”として知られる中国のEV車、Chang Liが、米国で好調な売れ行きを見せている。

Electric Import Motors
Electric Import Motors

 このEVは、混雑した中国の都市部を移動するのに最適だとして、多くの人に支持されている。コンパクトで小回りが利くのはもちろんながら、選ばれる理由はやはり魅力的な価格帯だ。同国の大手通販サイトのAlibaba(アリババ)で、930ドル(約10万円)〜という破格で販売されており、発売当初はメディアにも多数取り上げられ大きな話題となった。

 輸送費の関係で、米国での販売価格は6500ドル(約75万円)と本国よりも割高だが、米国の輸入業者、Electric Import Motors(EIM)が行った6ヶ月間の事前販売では、好調の売れ行きだったようだ。

中国向けモデル(左)と、米国向けモデル(右)|electrekより
中国向けモデル(左)と、米国向けモデル(右)|electrekより
Electric Import Motorsより
Electric Import Motorsより
Electric Import Motorsより
Electric Import Motorsより

 米国で「THE GRUNT」と呼ばれるこのEVは、1回の充電で約32km走行でき、最高速度は時速40kmだという。狭く入り組んだ道路も運転しやすい、ゴルフカートほどのコンパクトサイズで、前に大人2名、後ろに子供2名まで乗車することができる。

 さらに同ブランドにはトラックも用意されていて、より強力なバッテリーとモーターの搭載により、最高速度は56km、航続距離は約64kmにパワーアップする。荷台つきで荷物の運搬や、家具の移動などにも便利だ。大人2名が乗車できるこのトラックの米国での販売価格は8500ドル(約97万円)から。

Electric Import Motorsより
Electric Import Motorsより
Electric Import Motorsより
Electric Import Motorsより

 ただしChang Liの車両は、米国の連邦自動車安全基準に達しておらず、一般道を走行することはできない。現状のままでは、利用用途は限られてくるだろう。

 市場では小回りの利く小型EVの需要が高まっており、今後さらに多くのメーカーが参入することが予想されるが、100万円を切るものはそうないはず。「THE GRUNT」が公道を走ることができるようになれば、さらに人気は高まりそうだ。

(画像=electrekより)

■堀口佐知
ガジェット初心者のWebライター兼イラストレーター(自称)。女性向けソーシャルゲームや男性声優関連の記事を多く執筆している。

〈Source〉
https://electricimportmotors.com/products/secure-your-changli-today
https://electrek.co/2021/10/18/cheapest-ev-in-usa/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる