天竺鼠・川原克己が語る“ゲームとお笑いの共通点” 「自分にしかできない技を追求したい」

 ゲーム好きの著名人・文化人にインタビューし、ゲーム遍歴や、ゲームから受けた影響などを聞く連載“あの人のゲームヒストリー”。今回話を聞いたのは、お笑いコンビ・天竺鼠の川原克己。

 独創的で荒唐無稽――。川原の繰り出す笑いは、他の誰とも似ていない。コンビとしては、『キングオブコント』2008年、2009年、2013年ファイナリスト。ピンとしては、ナスの被りものとサングラスが特徴の「なすび」のネタを十八番とし、バラエティ番組で爪痕を残し続ける。

 かまいたち・濱家隆一らNSC同期の芸人から「天才」と評される男なだけに、ゲームの楽しみ方も驚くほど独特であることがインタビューを通して明らかになった。また今回は、自身の“隠し子”だというVTuber・1510円ハゲくんのゲーム配信についても、あわせて語ってもらっている。

『ウイニングイレブン』は芸人内でも有数の実力者

天竺鼠・川原克己

――まずは、川原さんのゲーム遍歴から教えてください。最初にゲームをプレイしたのはいつのことだったのでしょう?

川原克己(以下、川原):小学生の頃で、ファミコンから始めました。家が貧乏だったから、カセットをたくさん持ってたわけじゃなかったけど、ベタに『スーパーマリオブラザーズ』や、野球をしてたこともあって『燃えろ!!プロ野球』、『ファミスタ』とかで遊んでましたね。

――なかでも、当時熱中したタイトルは?

川原:『ファミスタ』かなぁ。『ファミスタ』ってチームエディット機能があって、オリジナルチームが作れたんですよ。選手名を決めて、打率をこれくらいにして……みたいな。それに、トータルの能力値が決まっていて、めっちゃ足の速い選手を作ったら、その代わりに足の遅い選手も作らなきゃいけないっていう、細かい数値の割り振りも楽しかった。ただ一つ難点があって、セーブができないんです。だから、ゲーム画面を残したままテレビだけ消して寝るってことをしたんですけど、翌朝、お袋にバレてるんです。「あんた!ゲームついとるやない!」って怒られて、ゲームを消され、また0から作らないといけない……ということがありましたね。

――中学・高校時代も、ゲームをされていましたか?

川原:中学・高校に上がってからもずっとゲームばっかりしていました。中でも好きだったのが、初代『ウイニングイレブン』。このときの僕は、野球、サッカーのゲームと、『マリオカート』がめちゃくちゃ強かったんです。だから、学校の友だちは僕の家で勝負して負けて、「今日こそが勝つ!」って、毎日のように遊びに来てましたね。そのうち「こんな強いやつがいる」という噂が回って、違う学校の人も訪ねて来るようになりました。もちろん、誰であろうとボコボコにしてましたけど(笑)。

――それはすごいですね。その後、お笑い芸人になってからのゲーム事情も聞かせて欲しいです。

川原:大阪にいた若手の頃、(千鳥の)ノブさんの家によく芸人仲間で集まって、鍋を囲みながらウイイレ大会をしていました。遊びの場ではあるんですけど、みんな「俺の方が強い」っていうプライドがあるから、毎回真剣勝負でした。その当時、ノブさんがワンちゃんを飼ってたんです。そのワンちゃん、ノブさんが真面目にプレイしてる時に、ペロペロ舐めるもんだから、ノブさんの顔がびしょ濡れになったんですね。でも、本人は本気で戦ってるし、先輩ですから「汚いですね」とかツッコめない空気になったのをよく覚えてます(笑)。

――川原さん自身、芸人仲間の中では『ウイイレ』は上手なほうだったんですか?

川原:芸人になってからも僕、仲間内では「ゲームが強い」で通ってたんですよ。特に若手の頃は『ウイイレ』ばっかりやってたから、すごく得意でした。ある時、当時『ウイイレ』にハマってた小籔(千豊)さんが「『ウイニングイレブン』強いやつおらんか」と言うから、「一番強いの川原ですわ」って推薦されて、ゲームバーみたいなところに連れていかれて、大画面で初対面の小藪さんと対決することになったんです。「はじめまして。天竺鼠の川原です」と挨拶したんですけど、小藪さんは「もうしゃべらんとやろうや」「ほんまに強いんやろな? 強くなかったら帰りや」みたいなピリピリした空気でしたね。僕、もともと色を見分けることが苦手なんですよ。だから、フランス代表とイタリア代表みたいに、似たようなユニフォームカラーだとパニックになるんですね。にもかかわらず、その時は同系色のユニフォーム同士の対戦することになってしまって……。

――結果はやはり……。

川原:そうですね。負けちゃいました。小藪さんは「大したことないやん。まぁまぁやんけ」と。でも、僕にもゲーマーとしてのプライドがある。そこで「ユニフォーム指定させてください」とお願いしたんです。もちろん小藪さんは、僕が色の識別を苦手としていることなんて知らない。だから「なんやそれ? 変な絡みしてくんな!」って言われたんですけど、引き下がらずに、しっかり判別できるユニフォームを選んで再戦させてもらったら、勝つことができました。そんな経緯があって「ウイイレで川原にユニフォームの色決めさせるな。あいつにユニフォームの色決められたら絶対勝てない」っていう変な噂が流れていましたね(笑)。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる