Facebook、レイバンとコラボしたスマートグラスを発表 見たままの世界をSNSにシェアできる

Facebook×レイバンのスマートグラス発表

 Facebookは9月9日(米国時間)、EssilorLuxotticaとのパートナーシップによって開発したスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表した。

 Ray-Ban Storiesは、内蔵された5メガピクセルのデュアルカメラで自分が見たままの世界を記録することができる。写真や最大30秒の動画をキャプチャボタンを使って撮影したり、Facebookアシスタントの音声コマンドを使ってハンズフリーの撮影にも対応している。

 Facebook Viewアプリと連携することで、撮影したコンテンツをFacebookやInstagram、Twitter、TikTok、Snapchatなどのアプリに簡単に取り込み、編集・共有することも可能だ。

 流線型のオープンイヤースピーカーは3つのマイクロフォンアレイを搭載。ビームフォーミング技術とバックグラウンドノイズ抑制アルゴリズムで音声コンテンツも楽しめる。

 バリエーションは、Ray-Banの定番モデルであるWayfarer(ウェイファーラー)、Wayfarer Large(ウェイファーラー・ラージ)、Round(ラウンド)、Meteor(メテオール)の20種類のモデル。5色のカラーに加え、レンズもクリア、サン、トランジション、度付きなどに変更可能だ。 

 価格は299米ドルから。オンラインのほか、米英国内などの一部の小売店で購入することができる。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる