『ドラ恋 ~KISS or kiss~』9話ーー激しいキス&ベッドシーンで「ムカつく」くらい嫉妬……ケイスケを巡り宣戦布告?

『ドラ恋  ~KISS or kiss~』9話

 ドラマ第5話「世界で一番哀しいキスをして」のオーディションは、澤田(育子)先生に「皆さん、かなり良かったです。だから(観ていて)嬉しかったです」と言わしめるほどに、かなり内容の濃いものだった。

 本作、体だけの割り切った関係を続ける男女の哀しい恋物語をテーマに、女性はずっと好きだった別の男性を忘れるためにキスをする、というかなりアダルティーなストーリーで、ベットシーンもある。

 澤田先生は2組のペアで迷ったと言い、役柄に合わせて黒染めにして臨んだケイスケ(木田佳介)×りおん(谷本琳音)ペアとやす(藤林泰也)×アユリ(吉永アユリ)ペアを挙げた。確かにこの2組の気合は別格の演技を見せていたように思える。この二者択一の結果、選ばれたのは前者だ。

 名前が呼ばれた瞬間、込み上げてくる想いを噛みしめながら男泣きするケイスケと、思わず顔を隠して泣くりおんの姿にこちらまでもらい泣きしそうになる。唯一主演が獲れていなかったケイスケが、気合を入れて勝利したこの瞬間には、リアルな「ドラマ」を感じさせられた。

 澤田先生はケイスケを「ドラマの色んな展開を(自分で引っ張って)持っていける技術があるし上手いなと思いました」、りおんについても「役柄の感情がりおんさん自身から自然と出ている」と講評した。

 そしてこの講評通り、りおんは本番前にケイスケに自身の心情を打ち明けていた。実際に台本と自分の感情がリンクするようだ。

 「あっくん(樫尾篤紀)の存在も自分の中で全くなくなった訳ではなくて、だけど同じくらいケイスケくんも私の中にいて、そんな気持ちでケイスケくんを見ているのも申し訳ないと思って」と伝えるりおんに、「むしろ台本とリンクしてて燃えるじゃん。そんなこと考えなくて大丈夫だよ」とサラッと言えるケイスケ。優しさに溢れた人柄と、人に気負いさせすぎない気遣い上手な性格が伝わってくる。一見したところ強面にも思えるのに、相手に必要以上の緊張感を与えず、さりげない優しさが光るケイスケは「大丈夫、りおんだけじゃない。俺も全部さらけ出すから」と伝え、台詞以上の“台詞”を繰り広げた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる