Windows 11のデスクトップ画面がリーク 正式発表は6月24日か?

Windows 11のデスクトップ画面がリーク

 世界のPC OSシェアで80%以上を占めるWindowsシリーズから、最新バージョンが発表されるかもしれない。リークした画面を見る限りだと、同シリーズの既存最新バージョンであるWindows 10を踏襲しつつも若干の変更があるようだ。

画面中央下部からスタート

 テック系メディア『The Verge』は15日、Windowsシリーズ最新OSバージョンであるWindows 11(仮称)のデスクトップ画面がリークしたことを報じた。リーク画面は中国の検索エンジンのバイドゥで検索可能となった後、各所に拡散した。The VergeのシニアエディターであるTom Warrenは、リークしたWindows 11の動画を添付してツイートしている(下のツイート参照)。

 以上の動画からわかるように、Windows 11のひと目でわかる特徴のひとつとして、タスクバー(デスクトップ画面下部の各種アイコンが並ぶ箇所)のアイコン表示が中央寄せになっていることだ(Windows 10では左寄せ)。さらにスタートボタンもタスクバー中央付近に配置され、スタートメニューがデスクトップ画面中央に表示される。スタートメニュー自体は、Windows 10のそれを簡略化したように見える。タスクバーの表示とスタートボタンの位置を左寄せに設定し直すことも可能なようだ。

 Windowsエクスプローラ(各種ファイルを探す画面)の右上隅に配置されている画面最大化ボタンには、複数のエクスプローラ画面を分割表示できる機能が追加されている。分割表示する方法は、複数あるようだ(下の画像参照)。

 今後数ヶ月以内にMicrosoft Storeが大きく更新されるという噂があるが、今回のリークではそのような更新は確認できなかった。もっとも、今回のリークで判明したのはWindows 11の初期バージョンと考えられるので、同OSの正式リリース時にはMicrosoft Storeが刷新されているかもしれない。

発表の予兆はいくつもあった?

 Windows 11に関しては、Microsoftは正式発表される次期および正式名称を明らかにしてない。しかし、同社の最近の動向からさまざまなことがわかる。テック系メディア『tom’s HARDWARE』の15日付の記事では、そんな動向をまとめている。 

 まず、Microsoftは6月3日に6月24日に開催するイベント「what’s next for Windows」を告知するツイートをした(下のツイート参照)。このツイートには窓をあしらったGIF動画が挿入されているのだが、その窓から射す光が数字の「11」を連想させると話題になった。さらに告知されたイベント開始時刻の午前11時もWindows 11の発表を示唆しているとも言われている。同社のイベントは、コロナ禍以降では午後から始まることが多かった。

 また、6月9日に公開されたWindowsのサポートドキュメントには、「Windows 10とWindows SunValleyにおけるアプリ管理について」という記述があった。この記述の「SunValley」は、Windows 11の開発コードネームと推測される。このドキュメントは後に削除されたが、次期OSの発表が間近に迫っていることが濃厚となった。

 ダメ押しとも言えるのが、Microsoftが6月11日にYouTubeで公開した動画だ。この動画は、6月24日のイベントが待ち遠しくて興奮しているユーザにリラックスしてもらうために、歴代Windowsの起動音を40分の1のスピードで再生した、というもの。この動画の再生時間が11分ジャストなのだ。

 なお、6月24日に発表される可能性が高いWindows 11のリリース日は、今年の9月から12月のあいだと予想されている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる