【速報】『WWDC 2021』iOS 15のアップデートまとめ FaceTimeや通知機能の強化など目白押し

【速報】『WWDC 2021』iOS 15のアップデートまとめ FaceTimeや通知機能の強化など目白押し

 Appleの開発者向けカンファレンス、WWDC 2021が、6月8日午前2時(日本時間)からオンラインで開催されている。

 本イベントにて発表されたiOS 15の新機能は以下の通りだ。

 FaceTimeは、よりナチュラルに、同じ部屋にいるように感じられるよう進化したようだ。マイクには、声にフォーカスする「声を分離モード」と、全体の音声を拾える「ワイドモード」を、カメラには、背景をぼかし顔にフォーカスできる「ポートレートモード」が追加されるとのこと。そしてAndoroidとWindowsにも対応するようだ。また音楽共有・映像共有・画面共有機能の「Share Play」も登場。Apple Musicで音楽共有すれば、再生ボタンを押すだけで全員で音楽を楽しむことができる。再生/停止などの操作も全員が行えるとのこと。

 今回大きく強化されたのが通知機能だ。システムが通知の重要度を認識し、優先順位をつけた要約された通知を受け取ることができるようになるという。また「集中モード」では、仕事、またはプライベードなど、状況に合わせて通知を許可する人やアプリを提案してくれる。そして就寝時には受け取らない設定や、緊急性の高いもののみ受け取ることも可能に。1つのデバイスで設定すれば、すべてのAppleデバイスで同期できるとのことだ。

 iMessageアプリには「あなたに共有」機能が登場。メッセージで送られてきたニュース記事が、ウェブやアプリでニュースを開いたときに優先的に表示される。送られてきた写真は、タイムラインに追加されるという。

 続く「Live Text」は、写真に写った文字を認識、読み取りをしてくれる機能だ。電話番号を認識したら、タップするだけで電話をかけることができるとのこと。

 ウォレットでは、iPhoneに家や車の鍵、社員証を追加することができるようになる。また現在ハイアットホテルが導入予定で、タップで客室への入室が可能に。今後さまざまなサービスに対応していくとのこと。米国では身分証の登録も可能で、これ1つで飛行機にも乗ることも可能だという。

 そのほか、「天気」や「マップ」などのアップデートが発表された。

■堀口佐知
ガジェット初心者のWebライター兼イラストレーター(自称)。女性向けソーシャルゲームや男性声優関連の記事を多く執筆している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる