『今日好き。春桜編』最終話ーーみやびとみゆ、ひかるが最終的に選んだのは……?

『今日好き。春桜編』最終話ーーみやびとみゆ、ひかるが最終的に選んだのは……?


 また、りおん(畠山理温)の向かう先には、マリサ(浅井マリサ)とにいな(藤原虹七)の三角関係コンビが。周囲を尊重できる気配り上手な性格で、りおんとも親交を深めたマリサと、好きな人へのアグレッシブな姿勢を常に忘れず、最後には動画編集という武器で想いの強さをアピールしたにいな。そんな双方に感謝の想いを示しつつも、りおんが旅の最後に選んだのはーーマリサ!

 そこからの告白は、もはやウイニングランに近いものだ。りおんからの「3日間、ずっとキュンキュンさせられっぱなしで、オレは何もできなかったし、何も男らしいところは見せられなかったけど、これだけは言わせてください。マリサ、大好きです! 付き合ってください!」という言葉を受け取り、マリサは満面の笑み。結果はもちろん、カップル成立だ。晴れて、マリサの“人生初彼氏”となったりおん。早速、遊園地デートを約束するなど、幸せな未来予想図を見せてくれるのだった。

 最後は、ひかるが、みやびとみゆ(山崎美優)のもとに。『春桜編』屈指の恋愛強者として、押しの強さが光に光ったみやびと、ひかるが最初に好きになりながらも、現在の心境がまったく読めないみゆ。ひかるは最後までどちらに告白するかを迷ったようだが、ここで最初に感謝を伝えた相手はみやび。ただ、その言葉の最後には「でもオレは、みゆちゃんに告白します。3日間、本当にありがとうございました」という、聞きたくはない結末が待ち受けていた。ひかるはもしかすると、みやびのまっすぐな想いを受け止めきれなかったのかもしれない。そんなキモチを伺える彼の表情だった。

 そして、みゆには「オレはこの旅が終わっても、みゆちゃんの笑顔を隣でずっと見続けたいと思っています。僕と付き合ってください」とシンプルに告白。結果は……「もっと知りたいなと思うので、お願いします」と、この旅でなんと3組目のカップル成立! ひかるは笑顔を爆発させ、念願のハグをせがむのだが、みゆは“人生初彼氏”ということで「キャ〜」と恥じらいを隠せぬ姿がまたかわいらしい。最後には、ひかるが「好きだよ。やっとちゃんと言えた。今まで取っといたんだ」と一言。みゆを幸せにする役割、責任重大だぞ。

 そこから時は流れて一カ月後。前述の“人生初彼氏”をゲットした女子2名について、その後の行方を知るべく、お台場の恋占いを訪れたりおん×マリサと、芝浦でバーベキューを楽しむひかる×みゆの初デートにそれぞれ密着。りおん×マリサは占い師によると、お互いに個性とこだわりが非常に強い星座の生まれ同士で、その個性が似ているからこそ相性がよいカップルになれるとのこと。そんなハッピーな太鼓判を受けて、行きたい遊園地やレジャー施設など、これからのデートの行き先に想像を膨らませるのであった。

 一方、ひかるはみゆと待ち合わせをした際、「せっかくの初デートなんで」と、彼女を想って作ってもらったという花束をプレゼント。その後は食事をしながら、みゆが今回の旅を通して、どんなポイントでひかるを好きになったかを語る“振り返り”の時間に。カップル成立して最も甘いひと時に、2人のニヤニヤも止まるところを知らない。最後は、みゆがひかるに手紙を宛て、ひかるが自身とお揃いになるベストをプレゼントするなど、こちらもお互いを想い合う姿が眩しすぎる一幕だった。

 見事に3組ものカップル成立を果たした『春桜編』。スタジオの“恋愛見守り人”を務める井上裕介(NON STYLE)も語っていたが、今年度の『今日好き』の幕開けを飾ったシリーズなだけに、カップルとなった彼らには今後とも長続きしてほしい。こんなにも幸せな時間が、ずっとずっと続いてくれればいいのに。

■一条皓太
出版社に勤務する週末フリーライター。ポテンシャルと経歴だけは東京でも数少ないシティボーイ。声優さんの楽曲とヒップホップが好きです。Twitter:@kota_ichijo

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる