フィギュアスケート・宇野昌磨がYouTubeでも活躍中 ゲームや解説動画で表現する個性

 日本を代表するフィギュアスケート選手であり、今年3月に行われた世界選手権でも4位にランクインするなど、2022年北京オリンピックでのメダルも期待される宇野昌磨。そんな彼がYouTubeチャンネル「宇野昌磨アップロードチャンネル」を開設し、人気を集めている。かつて試合への意気込みについて「試合の時に起きていられたらいいかなと思っています」(2016年GPロシア大会に向けてのインタビューにて)と語るなど、独特の言動にも注目が集まることも多い宇野の素顔が垣間見られるチャンネルとなっている。

 宇野がYouTubeを始めたのは2020年8月。これまでTwitter、Instagram、Facebookなど、SNSでの発信は行ってこなかったが、「フィギュアスケートの普及に貢献できれば」という強い思いからチャンネルを開設した。超多忙なトップアスリートのため、更新回数は月に3回ほどだが、コメント欄は愛に溢れており、ファンにはたまらない映像が満載だ。

 最新動画のひとつである「デイリールーティーン・宇野昌磨」は、宇野昌磨の1日を紹介した実にYouTubeらしい企画だ。

 フィギュアスケート界のトップスターの生活に注目が集まるが、彼の1日は簡単に言うと「滑る・食べる・ゲーム・寝る」だけ。これには自分でも「このアスリート練習と食べることしかしてない」と突っ込み、「皆さんが理想としているアスリート像はどんなものか僕には知らない。僕は極端にひどいかもしれないけど大体これだからみんな(笑)」と語っている。アスリートの日常やプライベートは想像しにくく、なんとなく自分とはかけ離れた人、という印象を持ってしまうが、身近に感じられる動画となっていた。一方、オリンピック銀メダリストが自分の練習の様子をみて「下手すぎわろた」と言う衝撃の発言も。アスリートとしての意識の高さが感じられた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる