iPhone 13のカメラはAF対応の超広角レンズに? アナリストが最新予測

iPhone 13のカメラはAF対応の超広角レンズに? アナリストが最新予測

台湾メディアもカメラ情報入手

 Appleは2021年のiPhoneシリーズのカメラレンズを大幅にアップグレードすると『Patently Apple』は伝えている(参考:https://www.patentlyapple.com/patently-apple/2021/02/apple-analyst-ming-chi-kuo-revises-his-november-prediction-of-an-updated-ultra-wide-camera-coming-to-high-end-2021-iphones.html)。

 全4モデルに、コンタクトイメージセンサー(CIS)が拡大し、センサーシフト光学式手ぶれ補正(OIS)も搭載される可能性がある。

 フロントカメラの超広角レンズがアップデートする際にiPhoneのノッチが縮小すると『DigiTimes』は伝えている。これはミンチー・クオ氏の予測とも一致している。

 まだまだ情報にばらつきがあるが、iPhone 13シリーズのカメラは、ある程度アップグレードされるという方向性は、専門家の間でも一致してきているようだ。

(画像=Patently Appleより)

■Nagata Tombo
ライターであると同時にIT、エンタメ、クリエーティヴ系業界にも出入りする。水面下に潜んでいたかと思うと、大空をふわふわと飛びまわり、千里眼で世の中を俯瞰する。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる