1人暮らしの部屋でも壮大な映像体験! コンパクトなホームプロジェクター導入のススメ

1人暮らしの部屋でも壮大な映像体験! コンパクトなホームプロジェクター導入のススメ

 昨年から、新型コロナウイルスの蔓延による外出自粛の影響もあり、ステイホームの時間がぐっと増えたのではないだろうか。NetflixやAmazonプライムビデオなど、サブスクリプションの動画配信サービスを新しく契約したり、視聴時間が増えた人も少なくないだろう。そのような状況で、今ホームプロジェクターがかなり人気となっている。スマホやパソコンで見るよりももっと大画面で、家のなかでも映画館のような雰囲気が楽しめる。

 今回は、数あるホームプロジェクターの中でも定番の「LGエレクトロニクス」と、「アンカー」のホームプロジェクターを実際に使用してみたので、感想をレポートしていきたい。

LGエレクトロニクス『PF50KS』


 まずは、LGエレクトロニクスのホームプロジェクター『PF50KS』。

 最長2.5時間バッテリー内蔵。約17×18センチで重量は約1kg。WebOSに対応しているため、そのままYouTubeやNetflixの視聴が可能だ。Miracastを使用すればワイヤレスで自分のスマホやPCからも映像を投影することもできる。

 実際に壁に投影してみた。


 リモコンもついているため、プロジェクターから離れた場所でも操作ができる。


 かなり繊細で鮮やかな色彩。家が映画館になったような感覚! お酒や温かい飲み物を片手に、毎晩でも楽しみたいと思った。


 白いボディがとてもシンプルできれいなので、そのまま飾っておいてもインテリアにもなじみやすい。

アンカー『Nebula Capsule II』


 『Nebula Capsule II』は、高さ約150mm、重量約740gだ。サイズ感がちょうどいい。このサイズと重量なら、外への持ち運びもできそうだ。動画であれば約2.5時間 (Wi-Fi利用時) 、音楽であれば約10時間の連続再生もできるほど、バッテリの持ちも抜群。説明書も非常にわかりやすく、操作も簡単だ。『Nebula Capsule II』ではNetflixやYouTube、Amazonプライムビデオの視聴ができる。


 『Nebula Capsule II』も、かなり映像がきれいで臨場感がある。円柱型なので、どこでもバランスがとりやすい。壁ではなく、天井に映せばベッドに寝そべったまま映画を見ることもできる。『Nebula Capsule II』にもリモコンが同封されているため、寝る前に至福の時間が過ごせそうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる