ヒカキン、USJ『スーパー・ニンテンドー・ワールド』を世界最速レポ 「想像をはるかに超えるスゴさだった」

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で2021年2月4日よりオープン予定の新エリア、『スーパー・ニンテンドー・ワールド』。任天堂のキャラクターや世界観を再現した初のテーマパークとして、すでに世界中から注目を集めている。

 そんななか、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの公認クリエイターに就任したYouTuberヒカキンが12月23日、自身のチャンネルで「USJのマリオの世界『スーパー・ニンテンドー・ワールド™』世界最速で遊んだらスゴすぎて涙が…」と題した動画を公開し、世界最速で体験レポートを届けた。

USJのマリオの世界『スーパー・ニンテンドー・ワールド™』世界最速で遊んだらスゴすぎて涙が…

 ファンに就任を報告し、まずヒカキンが向かったのは、『スーパー・ニンテンドー・ワールド』に入る前にあるグッズショップ。種類お豊富さに「これから遊びに行くのに、全部買いたくなっちゃう」と大興奮。マリオの帽子をイメージしたパンケーキ・サンドや、ルイージのイメージカラー・緑のフルーツクリームソーダを堪能してご満悦だ。

 マリオのなりきりグッズに身を包み、入り口となる「土管」の大きさに驚きつつ、いよいよマリオの世界へ。壁に絵画が飾られた『スーパーマリオ64』のピーチ城を思わせる空間を抜けると、ゲームの中に入ったかのような空間が広がっている。ヒカキンは「ヤバい! マジでかい!」「ちっちゃい頃からマリオが好きな僕からすると、ウルッとくるくらい」と観劇。映像で見ると、すでに公開されているマップでは伝わらない大迫力だ。

 クッパ城の中から乗る、『マリオカート』をテーマにしたライド・アトラクションでは、等身大(?)のクッパ像を前に、「マリオ見直したわ……これは勝てません」と一言。ずらりと並んだ、見覚えのあるマリオカートのトロフィーも、ファンには嬉しい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる