スマホ除菌しながら高速ワイヤレス充電もできる  1台5役のトースター型スピーカー『フォントースター』

スマホ除菌しながら高速ワイヤレス充電もできる  1台5役のトースター型スピーカー『フォントースター』

 トースターからポンと飛び出すのは、パンではなく除菌済みのスマホ。

 『フォントースター』は、除菌・ワイヤレス充電・USBポート充電・Bluetoothスピーカー・アラーム時計の1台5役だ。

 いつも手にするスマホの除菌は、新しい生活習慣のひとつともいえる。『フォントースター』を手掛けるAPRIL STONEは、「どうしたらスマホ除菌を習慣化できるか?」をテーマに、開発を進めたのだとか。

 『フォントースター』はクラウドファンディングサイト「Makuake」で、11月27日まで予約受付中。日常に溶け込みやすいデザインでもあり、除菌、充電、音楽とスマホ生活を安心して楽しめるツールになりそうだ。

高品質Bluetoothスピーカーでプレイリストを楽しもう

 『フォントースター』は8Wのスピーカーを内蔵している。Bluetooth5.1で接続はスライドスイッチ式。音量調整は前面のスライドバーを上下させる。

昔懐かしい感じのアナログ操作が、逆に新鮮味を感じさせるのではないだろうか。

 ただ、スマホ除菌のタイマースライドと、ボリューム調整のスライドが隣り合っているため、夜間に音楽を聴く際には操作を間違えないよう気をつけたい。

最短5分でスマホ除菌が完了 高速充電も同時にできる

 どこに行くにも手放せないスマホ。その表面は見た目以上に汚れており、便器の約10倍もの雑菌が付着しているのだとか。

 『フォントースター』は、スマホの充電と同じように除菌を習慣化させることを目的としている。そのため、除菌と充電は同時に行えるよう設計された。

 『フォントースター』は最短5分~最長15分で除菌が完了する。短時間で除菌ができれば、習慣化しやすく、面倒くささも感じないだろう。

 スマホを除菌する際は、上部の溝にスマホをセットし、前面のスライドバーで除菌時間を設定。本体右脇のトーストレバーを下げれば、スマホが中に沈んで除菌トーストされる。

 途中で除菌をやめたい場合は、トーストレバーを手動で上げるだけでOK。

なぜトースター型なのか?

 短時間でスマホ全体を除菌するには、両面の広い範囲にUV-Cライトが当たる必要がある。『フォントースター』には、タッチレス光遮断幕内に6つのLEDが内蔵されており、スマホのメーカーや機種に関係なく、UV-Cライトがスマホの表面全体に当たるよう設計されている。

 また安全を考慮し、UV-Cライトが外部に漏れ出さないよう、上部のフタが閉まった時にのみ作動する仕様だ。

 一般的な弁当箱型のスマホ除菌器では、スマホの底面にUV-Cライトが当たらず全体を除菌できない問題があった。『フォントースター』はトーストのようにスマホを垂直に入れることで、この問題をクリア。コロンブスの卵的発想といえる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる