『ドラ恋~Kiss On The Bed~』第7話ーーまなみとコージの結託「他の人とのキスシーンを見たくないなら、自分が主役を獲ればいい」

『ドラ恋~Kiss On The Bed~』第7話レビュー

 一方、シェアハウスでは、みなみがトウヤをコンビニへの買い出しに誘い出して、中間告白の真意について確認する。自分の気持ちが今はトウヤにあることをストレートに伝えたみなみに対して、トウヤは困惑気味。「正直、それまでの(コージとのやり取り含め)みなみを見ていられなかったっていうのもある」「こういうとき、なんて言ったらいいんだろ」と何やら煮えきらない、しかし素直とも言える返答をしていた。トウヤは、中間告白後に勇気を持って自分を呼び出してくれたふうたの健気な告白に、どうやら心動かされているようだ。

 後半戦突入と言えど、まだまだ揺れる矢印もあり、これが『ドラ恋』の醍醐味でもある。

 そんなこととは露知らず、久々の再会からずっと浮かない顔をしていたふうただったが、オーディションの結果、主役の座を射止めたのはふうた×けいのペアだった。

 女子メンバーで唯一主役を演じたことがなかったふうたの大抜擢。しかし次話の予告編を見るに、これがまた何やら波乱を巻き起こす引き金になっていそうな予感大だ。

 もう1名の男子メンバーの配役も気になるところだが、今回のキスシーンを通して、本人同士や、モニター越しにそれを見守ることになった周囲の気持ちに変化はあるのか。次話もそれぞれの感情の機微や本音がどこにあるのか見逃さないようにしたい。

■楳田 佳香
元出版社勤務。現在都内OL時々ライター業。三度の飯より映画・ドラマが好きで2019年の劇場鑑賞映画本数は約80本。Twitter



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる