Apple TV+、1年間の無料体験期間中に見るべき作品は? トム・ハンクスやソフィア・コッポラなどのオリジナル作が魅力的

Apple TV+、1年間の無料体験期間中に見るべき作品は? トム・ハンクスやソフィア・コッポラなどのオリジナル作が魅力的

 NetflixにAmazon Prime Video、Hulu、Disney+……。多種多様な動画配信サービスが隆盛している昨今。どの配信サービスに加入するか、お悩みの方も多いだろう。月額料金が数百円とはいえ、複数加入すれば出費もかさむ。

 そんななか、後続のApple TV+が気を吐いている。2019年9月11日以降にApple製品(iPhone、iPad、Apple TV、Mac、iPod touch等)を新規購入した場合は、月額料金600円がなんと1年間無料になるというのだ。

 画期的なキャンペーンといえるが、Apple TV+は日本国内でのプロモーションをそこまで行っておらず、そもそもどういう作品が観られるのかを把握している人が意外に少なく感じる。そこで今回は、いまのうちに楽しんでほしい、Apple TV+でしか観られないオリジナル作品を、いくつかピックアップしてご紹介する。

そもそもApple TV+とは

 まずは、作品の具体的な話をする前に、Apple TV+の特徴について説明させていただきたい。本サービスは、「トップクリエイターを招聘したオリジナル作品」を標榜しており、映画界の重鎮スティーヴン・スピルバーグやヒットメーカーのJ・J・エイブラムス、M・ナイト・シャマラン、スパイク・ジョーンズ、ソフィア・コッポラといったそうそうたるメンバーを招集。また、アメリカの配給・制作会社「A24」とのコラボレーションも発表した。Netflixのように膨大な数のオリジナルコンテンツが観られるわけではないが、少数精鋭の良質な作品ラインナップを目指しているといえよう。

『ザ・モーニング・ショー』

『ザ・モーニング・ショー』

 2019年にサービスを開始したApple TV+が、目玉の作品に挙げた1本。セクハラ問題で、朝のワイドショーの顔だった男性キャスターが降板。相棒の女性キャスターも窮地に立たされる。番組の内容も変更せざるを得なくなるが、様々な試練が立ちはだかり……。非常に今日的といえるスキャンダラスなネタに切り込み、アメリカのメディアの裏側をサスペンスフルに描き出した社会派エンターテインメントだ。

 『ディープ・インパクト』(1998年)や『ビリーブ 未来への大逆転』(2018年)のミミ・レダーがメイン監督を務め、ジェニファー・アニストン、スティーヴ・カレル、リース・ウィザースプーンといった演技派が一堂に会した本作。先読みできないストーリー展開も秀逸だが、彼らの「ブチギレ演技」が強烈だ。理不尽に激高し、鬼の形相で絶叫する姿などは、同じ“お仕事ドラマ”である『半沢直樹』好きにも、ハマるかもしれない。

『サーヴァント ターナー家の子守』

『サーヴァント ターナー家の子守』

 『シックス・センス』(1999年)から『ミスター・ガラス』(2019年)まで、サプライズに満ちた作品を次々に生み出してきた鬼才M・ナイト・シャマラン監督が、製作総指揮とエピソード監督を務めたホラーサスペンス。

 ある裕福な夫婦のもとに、住み込みの子守として雇われた女性。家を訪れた彼女が知ったのは、雇い主の妻は精神病によって、人形を亡くなった子どもと信じているということ。夫の頼みで狂言に付き合うことになった子守の女性だったが、実は彼女にも恐るべき秘密があった……。

 設定からして相当トリッキーな作品だが、「人形だと思っていた子どもが本物にすり替わっている」など、毎度衝撃的な展開が畳みかけ、観る者をまるで飽きさせない。『ダークナイト』(2008年)のアートディレクターが手掛けた、不気味な雰囲気が漂うプロダクション・デザイン、快作ホラー『イット・フォローズ』(2014年)や『アス』(2019年)の撮影監督、マイク・ジオラキスによる意表を突いたカメラワークなど、スタッフワークにも注目だ。

『ジェイコブを守るため』

『ジェイコブを守るため』

 ベストセラー小説を、“キャプテン・アメリカ”でおなじみクリス・エヴァンスと、『IT』シリーズのジェイデン・リーバハーが親子役を演じてドラマ化。新『猿の惑星』シリーズの脚本家、マーク・ボンバックが製作総指揮を務める。

 平和な家族に起こった、突然の悲劇。なんと、息子が同級生殺人容疑で逮捕されてしまったのだ。息子は無罪なのか、それとも殺人犯なのか。苦悩する父母の前に、さらなる“事件”が立ちはだかる。

 「息子が逮捕」というショッキングな設定でグッと観客の心をつかみ、父母の懊悩を丹念かつビビッドに描く堅実な演出と、焦燥していくさまをリアルに演じた出演陣の名演が光る逸品。骨太な展開は、日本でいうところのWOWOWオリジナルドラマにも近い。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる